名無し文学部@774Netz

アニメの感想評価を付けます

B! follow us in feedly ゴロビシャ ネメシスの使い魔

作家と芸術家は違うよ目的が異なることを混同してはいけないな

作家に向いてる人向いてない人

作家は仕事です。

芸術家は仕事ではありません。

作家というのは職業です。仕事なんですよ。だから需要があるものを作らなくてはならない。

異世界転生ものが売れるなら、それを作れる人が作家。ハリウッドでどんぱちしてる作品が一番わかりやすい娯楽なのですから、売れて当然なわけです。

それと同じこと。わかりやすく自分の欲望を満たしてくれるものを安く、早く作れる人が作家になれるのです。

目的がブレる

何がしたかったんだろうなー。

やりたいことをやるためには金が必要だからってことで金を稼ごうと思っていたのですけど、やってそれが何になるんだろうか?

理解されたかっただけなのかもしれない。

でもね。人ってのは絶対理解し合えない存在なんですよ。だって他人なんだもん。

それが辛いから人類補完計画だの何だのを考える人が出てくるんだろうな。

人はみんな他者が怖い。嫌われるのが怖いんです。でも、それを許容できれば楽になるかもしれないな。

つまり、他人に嫌われてもいいって思えたら怖くなくなるんですよ。

そりゃ怖いけど、もうどうでもいいかなって。将来的にはみんな死んでいなくなる。いがみ合っていてもどうでもいいなって思えてくる。

なんかほんと無気力になってしまったな。何もしたくない。

上手くいかないとわかってしまうと何もできなくなってしまうものだよね。

人生に目的なんかいらねぇわ

自分は目的がないと生きられない人間だったのですが、最近目的とか要らないなって思えてきました。

目的があるとそれが到達不能なものであることがわかって死にたくなってしまう。

ものすごい行動力がある人は人生を楽しんでいるのだろうか?

憧れたけど、多分あれそんなにいいものではないんだろうな。

常に監視され、多くの人に嫌われる恐怖心もある。このまま誰にも迷惑をかけずに死にたいと思うようになってきた。

苦しみへの恐怖心が薄れてしまったからだろうか。とにかくやる気が起きない。何もしたくない。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。