名無し文学部@iCreeks!

アニメの感想評価を付けます

B! follow us in feedly ゴロビシャ ネメシスの使い魔

口は災いの元…悪口厳禁!大いに反省しました。仏の教えに学ぶ

悪口は 受け取らないと相手の元に戻る

こんな話があります。

同族の者がブッダの教えに感銘を受け出家したのに腹を立てたバラモンが怒ってブッダに罵詈雑言を投げかけようと企てました。

ブッダに出会うと、計画通り罵詈雑言を浴びせます。

罵詈雑言を浴びてもブッダはピクリともしませんでした。

ブッダは、「出した食事に客が手を付けなければ、それは食事を出した主人のものになるように、怒りや悪口を相手が受け取らなければ、その怒りや悪口はそれを浴びせた者が受け取ることになる」と言いました。

そう言われたバラモンが「あなたは怒らぬのか!」と問い返すとブッダは、「怒る者に怒り返すのは悪しきこと。怒る者に怒り返さぬ者は二つの勝利を得る。己に勝つとともに、また他人に勝てるのである」と答えました。

 

逸話

あるところに、お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、ひがんでいる男がいました。

「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい」

そこで、男は散歩のルートで待ち伏せして、群集の中で口汚くお釈迦様をののしってやることにしました。

「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、汚い言葉で言い返してくるだろう。その様子を人々が見たら、あいつの人気なんて、アッという間に崩れるに違いない」

そして、その日が来ました。

男は、お釈迦様の前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。

お釈迦様は、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。

弟子たちはくやしい気持ちで、「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」とお釈迦様にたずねました。

それでも、お釈迦様は一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。

男は、一方的にお釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。

どんな悪口を言っても、お釈迦様は一言も言い返さないので、なんだか虚しくなってしまったのです。

その様子を見て、お釈迦様は、静かにその男にたずねました。

「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」

こう聞かれた男は、突っぱねるように言いました。

「そりゃ、言うまでもない。相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。わかりきったことを聞くな」

男はそう答えてからすぐに、「あっ」と気づきました。

お釈迦様は静かにこう続けられました。

「そうだよ。今、あなたは私のことをひどくののしった。でも、私はそのののしりを少しも受け取らなかった。だから、あなたが言ったことはすべて、あなたが受け取ることになるんだよ」

 

 

ブッダの言葉に感銘受けたバラモンブッダのもとで出家。その後悟りを得たというオチです。

悪口は 受け取らないと 相手の元に戻る - お坊さん33秒法話[hasunoha]

 

「口(言葉)の四善業」

ブッダの説かれた「口(言葉)の四善業」は以下のとおり

1.不妄語:嘘を言わず、正直に語る

2.不両舌:人の仲を裂いてしまう言葉は言わず、仲違いしている人たちを仲直りさせる言葉を語る

3.不悪口:粗野で汚い言葉を使わず、上品で優しい言葉を語る

4.不綺語:無駄話はせず、理にかなった実のある話を語る

 

「言葉がむらむらするのを、まもり落ち着けよ。言葉について慎んでおれ。言葉による悪い行ないを捨てて言葉によって善行を行え」

中村元訳「ブッダの真理の言葉」)

 

大いに反省しました…

私は飛んだ大馬鹿野郎でした。

口は災いの元

口は災いの元です。

冗談で言っていても、中には冗談と受け取られずに嫌われてしまうことは多々あります。

とにかく、楽しい飲みの場であっても職場などの利害関係が発生する組織の中では冗談を言わないことです。

常に平然と相手の話を聞いて笑っていれば良いのです。最近の若者が飲み会を嫌がるのもよくわかりますね…

利害関係がないからと言ってなんでも言っていいわけではない

特にTwitterなんかは気軽に発言しやすいですが、簡単に誰かを不快な思いにさせてしまうこともありますし、注意が必要です。

最近だと、こんなニュースがありました。

逮捕されたのは、東京・新宿区の無職、世古哲也容疑者(41)です。
警視庁によりますと、ことし5月、品川区旗の台の路上で、40代の男性に殴る蹴るの暴行を加えてけがをさせたとして、傷害などの疑いがもたれています。
インターネットの「ヤフーニュース」に掲載された格闘技のニュースをめぐって、利用者が投稿するコメント欄で、面識のない被害者の男性と意見が対立して実際に会うことになり、初めて会ったその場で暴行したということです。
警視庁によりますと調べに対して世古容疑者は「話したくありません」などと供述し、容疑を否認しているということです。


引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

こんなことにも繋がるかもしれません。

とにかく、口は災いの元。

特に何もないなら話さないに限る。

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。