名無し文学部@iCreeks!

アニメの感想評価を付けます

B! follow us in feedly ゴロビシャ ネメシスの使い魔

オタクが犯罪者予備軍だというイメージは正しいオタクがダメな理由

オタクがなぜ嫌われるのか

そもそも、アニメ、ゲームは客単価が非常に低い。

特にアニメは見るだけなら無料。

何が言いたいのかというと、所得が低くても楽しみやすいってこと。結果的に無職やニートの割合が多くなり、ダメな人の割合が増えてしまう。しかも、社会人は忙しいのであまりメディアを見る時間がないが、無職やニートであれば腐る程時間があるので、視聴時間が伸び、宣伝効果が高いと判断される。

広告効果は低くても、視聴率が高ければ宣伝効果が高いと判断されるので、アニメは量産されるわけです。

しかも、そのアニメのストーリーも彼らに合わせて作られるので、難しい内容のものが消え去り、脳死でも楽しめる「なろう系」が量産されるようになりました。

まさに衆愚政治のよう。

これで広告効果があるなんて思えないんですけどねぇ…客単価が低すぎます。

ま、誰もものやサービスは買わないんですけどね。

あと、多くの人はサブカルを批判しているではなく、あくまでオタクを批判しているのです。

これがどう言うことかわかりますか?

どんな趣味であろうとそれは人の勝手で自由です。しかし、そのファンは誰かに迷惑をかけたり、不快にさせてしまうと嫌われるってことです。

最近流行りの「電車好きそう」って言葉は別に電車が悪いわけではなくて、電車オタクがバカにされているってことですからね。

オタク気持ち悪い

やっぱオタクって異常だわ。一言で言えば気持ち悪い。

何だろうな。動き方や言動からして嫌悪感がやばい。とにかくシュバってくるじゃないですか。なんかコソコソと動くゴキブリを見たときのような嫌悪感があるんですよね。

よく、オタクは自分のことをダンゴムシと言いますが、違いますよ。ゴキブリですよ。ネットでアホみたいに大きな声出して、しょっちゅうどこかしこに現れるのに「石の下に隠れてるダンゴムシです」とか、よく言えるな。

自分を過大評価しすぎだろ。本当はゴキブリ、よく言ってゲジゲジレベルなのにさ。

多くの人はゴギブリ見たらさっちゅうざいをかけてしまうでしょ?

気持ち悪いから。オタクを嫌うのも同じ。ゴキブリ扱いされたくないならTPOを弁えてくれ。としか言いようがないのだ。

じゃあ、自分の子供をオタクに預けられますか?

オタクは信用されていない。当たり前だが、信用されることを何1つやっていないからだ。

むしろ、信用を失墜させるようことばかりしている。

だから、嫌われる。自分の子供をそんなオタクに預けられますか?

私は無理だね。何されるか分かったものではない。オタクが本当に心優しいならこんな嫌悪感は抱かないはずだ。

 

あと、オタクは自分のことを優しいとよく言うが、オタクは優しくないからな。ただ臆病で自信がなくて人にもの言えないだけ。

オタクにも良い人はいる

当たり前だろ。じゃあ、あんたはどうなんだ?

ってなること多いですよね。

そりゃオタクにも良い人はたくさんいるだろうが、それはあなたじゃないよね?って話。

虎の威を借る狐というか、日本すごい=日本人の自分すごいみたいな思考回路してんのかな。

オタクにも良い人はいる=オタクの自分は良い人みたいな。

いや、全然関係ないだろ。そういうところなんだよな。虎の威を借る狐。いつも他人の築き上げてきたものをぶち壊す。自ら築き上げることはしない。

そりゃ、信用なんてされるわけないよ。

良い人はオタクでもオタクじゃない

これは難しい概念ですが、オタクでも本当に優しいオタクはオタクじゃ無いんですよ。

オタクの定義自体がかなり悪い方に引っ張られてしまっているので、そこから分離させないといけないんですよね。

正論オタク批判されてキレるのがオタク(悪) 

オタクオタクじゃない以前に人として

オタクの中にも良い人もいれば、悪い人もいる。しかし、冒頭で述べたように、オタクは人として欠陥のある人が多くなるようなシステムなのだ。

だから、基本的には何を言っても無駄なのだが、ネットで声だけが大きくて割と影響のあるオタクにうんざりしている人も多いと思うので、自分の意見を書きました。

オタクであろうが良い人は良い人なので、気にも留めないでしょう。だって、良い人は別って書いているし、これで突っかかって来る人は図星ってことでしょ。

そういうところだぞ。すぐシャバってくるよな。だからオタクは嫌われるって言ってんだよ。そこを直せば、嫌われることはないのに、自らを正当化していつまでたっても成長しようとしないその精神性の低さがオタク全体のイメージを悪いものにしているんだぞ。

 

 

 

かく言う私もオタクなんですがね。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。