名無し文学部@774Netz

アニメの感想評価を付けます

B! follow us in feedly ゴロビシャ ネメシスの使い魔

イスラム帝国の凄さ特にアッバース朝期は黄金期

イスラム帝国

アラビア語: خلافة, 英語: caliphate

イスラム教(イスラーム)の教えに従って生まれたイスラム共同体(ウンマ)の主流派政権が形成した帝国のこと。

定義

この用語は、イスラム帝国と呼ばれる政権自身の用いた呼び名に基づいたものではなく、現代の歴史叙述の上で便宜的に用いているものである。現代日本の用例では、おおよそ3つの使い方がある。

  1. イスラム国家の帝国的な支配体制のうち、アッバース朝において実現された、ムスリムイスラム教徒)であれば平等に支配される国家体制のこと。正統カリフ時代からウマイヤ朝の時代において、ムスリムであっても軍人として俸給(アター)を受け、人頭税(ジズヤ)を免除されるのはアラブ人のみというように、アラブが支配階級として君臨していた体制を指して「アラブ帝国」と呼ぶのに対比する形で用いられる。世界の歴史学者の間では、この理解が一般的である。
  2. ヨーロッパの歴史家が長らく正統カリフからアッバース朝までのイスラム国家に対する呼称として用いてきた「サラセン帝国」を、サラセンは他称で誤りであるという観点から、機械的イスラムと言い換えたもの。日本の歴史教科書で一般的な用法である。また唐では大食(読み方たいしょく、タージ)と呼んでいた政権である。
  3. イスラム世界の中心的な王朝を漠然とイスラム帝国と呼ぶもの。日本において「イスラム帝国」という用語は、一般的にこのように理解されていることが多いようである

ウマイヤ朝の成立

アリーの暗殺後、アリーの政敵であったシリア総督ムアーウィヤが自らカリフに就任して建設した政権。就任に至る経緯、およびムアーウィヤがカリフ位の世襲化を始めたことから、これまでの4人の正統カリフに比べて合法性で劣るとみなされたが、大多数のムスリムスンナ派)はウマイヤ朝の支配を承認したので、イスラム帝国最初の世襲王朝となりました。

ウマイヤ朝正統カリフ時代末期の内紛を収めて安定した支配を構築すると、西では北アフリカ、アンダルス(イベリア半島)、東ではホラーサーンまで勢力を広げ、アラブ人が異民族を支配する『大世界帝国』へと発展しました。

アッバース朝

イスラム教の開祖ムハンマドの叔父アッバース・イブン・アブドゥルムッタリブの子孫をカリフとし、最盛期にはその支配は西はイベリア半島から東は中央アジアまで及んだ。アッバース朝ではアラブ人の特権は否定され、すべてのムスリムに平等な権利が認められ、イスラム黄金時代を築いた。

f:id:createday:20190506180013p:image

アッバース朝の領土
 

カリフの政治はイスラーム法に基づいて実施されるようになった。このため特にアッバース朝こそを「イスラム帝国」と呼ぶこともある。

 

 

アッバース朝期のイスラム帝国は初期中世だと間違いなく最強の国家です。ローマが目じゃないくらい強いです。


千夜一夜物語に登場するお話の時代はだいたいがアッバース朝なんですよね。また、アッバース朝はISの主張領土の元でもあります。ま、つい最近滅亡したんですけどね。いかに、イスラム世界で強い影響力があるかわかると思います。

アッバース朝の成立

正統カリフ4代目が死んだ後にムアーウィヤってやつが作ったのがウマイヤ朝
それを倒してできたのがアッバース朝イベリア半島に逃げたウマイヤの残党が後ウマイヤ朝です。

 

8世紀半ば、ウマイヤ家よりもムハンマドの家系に近いアッバース家を指導者として行われた革命によって成立した政権。ホラーサーンを王朝発祥の基盤とする東向きの帝国で、イラクバグダードを首都としました。

アンダルスではウマイヤ朝の残党が後ウマイヤ朝を建設してアッバース朝の支配から離れたが、それを除いた帝国のほとんどを継承し、さらにタラス河畔の戦いで唐軍を撃退すると中央アジア、インドまで勢力を広げてイスラム国家としては過去最大の版図を実現しました。

 

 

ウマイヤーーーーー

↓                           ↓

アッバース朝       後ウマイヤ朝

 

こんな感じですね。

 

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。