名無し文学部@iCreeks!

アニメの感想評価を付けます

B! follow us in feedly ゴロビシャ ネメシスの使い魔

Facebookが終わるとか言ってる人はFacebookの本質を理解していないカギを握るのはカギ

よく、Facebookが終わるとか言ってる人がいます。確かにSNSとしてのFacebookが終わるかもしれませんが、Facebookのサービスがなくなる事はあり得ません。それはあまりにもFacebookの本質を理解していない。

本質を理解できていないからこそ、そのような発言をしてしまうのです。ではFacebookの本質とは何なのか?

その本質を紹介していきたいと思います。

今のFacebookの機能は主に2つ

今のFacebookの機能は皆様が一般的に想像するSNSとしてのFacebook

そしてもう一つに鍵としてのFacebookが存在します。

Facebookの役割

  1. SNS
  2. カギ

 

SNSとしてのFacebookに関しては、日本の利用ユーザ数は伸び悩んでおり、今後増えていく事はないと考えられます。

 

しかし、そのSNSFacebookFacebookの本質ではなく、あくまでスタートしたサービスがSNSだったと言うだけで、今のFacebookのコア事業と言うのは、カギの方なのです。

Facebookがカギになるという点なのです。

 

Facebookはカギ?無くてはならない存在に

皆様の中には新規登録を求められる際にFacebookで新規登録をしてFacebookでログインをしているという方は多いのではないでしょうか?

つまりFacebookはすでに鍵のような役割を担っているのです。

具体的に言うのであればマスターキーのような役割になっていると言うことです。

普通に生活しているときにFacebookの必要性はそんなに感じないものなのかもしれませんが、インターネット上で様々な活動を行っていく際に、Facebookの存在は非常にありがたいものになってきます。

例えば、LINEというのは基本的に携帯番号と紐付いており、1人1つのアカウントしか持てないようになっていると皆様が思われるかもしれませんが、Facebookを使うことでもう一つLINEのアカウントを作ることができますわ

今後インターネット上に別の人格を作り出し、インターネット上だけで活動を完結させていく人は増えていくと予想されます。

そういった方々にとっては非常にありがたいサービスでもあります。

 

これは何も、LINEだけにとどまりません。その他のサービスでもほとんどの場合には、Facebookでの新規館員登録とログインが可能です。

となってくれば、Facebookを利用していることによってそれらのネットサービスに容易にアクセスすることができるようになり、あたかもカギのような役割を果たしているのです。これがFacebookの本質であり強みなのです。

カギを捨てる人なんていない

この世の中に、鍵を捨てる人、しかもマスターキーです。

そのマスターキーを捨てる人なんて存在するわけがありません。

一度このマスターキーを手に入れてしまうと、あまりの便利さに手放せなくなるはずです。

それがFacebookの狙いであり、本質なのですFacebookは現在InstagramやWhatsApp Messengerといったアプリケーションを提供していますが、今後成長していくと思われるSNSサービスを買収していく、あるいは開発していくと思いますし、その際にFacebookのアカウントが必ず必要になってくるはずです。

それがFacebookの戦略なのです。Facebookを鍵として利用させることで、Facebookをなくてはならない存在にしていくのです。

だからこそ、Facebookがコア事業になっており、その他のアプリアクセスする際の鍵として必ず必要な存在になっていくと言うことです。

関連アプリを出せば出すほどFacebookは必要になり手放せない存在になっていくのです。

 

楽天のサービスと同じです。楽天のサービスを使うほど、楽天市場のポイント還元率が上がっていく。

楽天のコア事業は当然楽天市場ですから、コア事業を中心に規模を拡大させていく。これがビジネスの基本なのです。

この説明を聞いて、Facebookが果たして終わると思うでしょうか?確かにSNSとしてはFacebookは使われなくなっていくと思いますが、Facebookのサービスやアプリがなくなるあるいは縮小していくと考えている人はあまりにFacebookの本質を理解していないと言わざる得ません。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。