名無し文学部@774Netz

アニメの感想評価を付けます

B! follow us in feedly ゴロビシャ ネメシスの使い魔

自殺の原因4Kとは?死にたくねぇなぁ・・・神様を信じるのもあり

 日本の自殺の傾向

 15年の自殺状況を見ると、2万4025人で前年に比べて1402人(5.5%)減少しました。性別では男性が1万6681人で全体の69%を占めています。年齢別に見ると、40代が4069人で全体の16.9%を占め、次いで50代3979人(16.6%)となっています。

 統計上、自殺者は減っていますが、警察が扱った死因不明の「異状死体」の件数が急激に伸びています。 08年には「異状死体」が16万1838体となっています。国際的には、「異状死体」の半分は自殺者とみなされています。ということは、自殺者の実数は10万人を超えている可能性があるのです。

最も自殺しているのは40代男性ということになりますかね。この年齢層の男性は毎年約1.5万人自殺していると推測できます。

 

職業別状況では、「無職者」が1万4322人で全体の59.6%を占めています。

次いで「被雇用者・勤め人」(6782人、28.2%)

「自営業者・家族従業者」(1697人、7.1%)

「学生・生徒等」(835人、3.5%)となっています。

この順位は前年と変わりません。原因別では、原因が特定された1万7981人で分析すると「健康問題」(1万2145人)、「経済・生活」(4082人)、「家庭問題」(3641人)、「勤務問題」(2159人)の、いわゆる“4K”が上がっています。

なぜ40~50代男性は自殺するのか?身近の元気な人が突然自殺、こんな兆候は危険 | ニコニコニュース

佐藤 茂則(さとう しげのり)
心理カウンセラー

4K問題

健康問題

一番多いのが健康問題です。

日々健康に気を使っていても運悪く病気やケガをしてしまう人はいますし、こればかりは何ともなりません。

今は予防医学が発達してきたので、なるべく食生活や生活習慣を改善していく努力は必要になってきます。

やっぱり、体が一番大事です。体が動かないと何ともならん。

病気になって体が自由に動かない。あるいは、苦痛が従うともなれば死にたくなるのも無理はありません。

しかし、治らないものは治りませんし、治療を受けるにはお金もかかります。

社会保障で何とかなるというものでもないので、こればかりは個人単位で予防に努めるしかありません。

経済生活問題

やはり、経済的な問題は大きいでしょうね。

自殺者の職業別の割合を見ても圧倒的に無職が多いです。

職業別状況では、「無職者」が1万4322人で全体の59.6%を占めています。半数以上6割は仕事を失った人々です。

30代ならまだしも、40代で無職になってしまうと再就職のハードルがあまりにも高い。生活保護も受けられず、行き詰って死んでしまうのでしょう。

んー。なんとかならんもんですかね。公共の部屋を作って5万円ぐらい渡せば生きていくだけなら何とかなりそうなものですが…

餓死はお腹の中が炎で焼かれるような痛みを従うそうです。きついですね…日本で餓死する人は毎年数名います。

餓死する人は少ないですが、自殺を選ぶ人はかなりいるということですね。

家庭問題

家庭問題。夫婦、あるいは親子間でのトラブルで自殺を選ぶということですが、一体どんな過程なんでしょうか…

DVとか虐待とか毒親なのかもしれません。親は選べませんからね。これは行政や警察何とか対応するしかないと思います。

子供の場合親が絶対でその支配下から抜け出すことができないので、自殺しか選べないのかもれません。

ヤバいと思ったらすぐ逃げ出す。これしかありませんが、子供の場合は難しいですね。

勤務問題

これは仕事ですね。ブラック企業で奴隷のように働かされていれば死にたくなるのも無理はない。

転職すればいいという声もありますが、40過ぎた人が再就職で来ると思いますか?家のローンも残っていたり、家族を養わなくてはならない全国のお父さん方にそんなこと私は言えませんね。だから追いつめられるのです。死ぬか、働いて過労死するか。この二択を迫られたら誰しも苦しんで死にたいとは思わないでしょう。

これらの問題を解決するためにはベーシックインカムしかないのでは?

健康問題意外はベーシックインカムがあればなんとかなったかもしれませんね。

最低限度の生活はできますし、毒親やDVを行うパートナーに依存しなくても生きていけます。勤務問題も仕事を辞めても最低限は生きていることができる。

まぁ、財政的にも、人口構造的にも無理なんですけどね。理想としてはベーシックインカムしかないよなってことです。

ほぼ、実現しないと思うので、働きましょう。

 

希望がない辛さ

特に今すぐ死にたい訳じゃないけど、生きていても特に喜びが無い。一生懸命生きたって明るい将来が待っている訳でもない。

 なるほどなぁ…

日本の今の現状からしてもまぁ、明るい未来はないわな。

そんな世界には宗教が必要なのかもしれない。日本人は宗教にあまりなじみがないけど、本当にやばい時は誰かにすがりたくもなるもんだ。そんな辛くて苦しい世界を作った神様がいい人なのかはわからないけど、ユダヤ人は試練として受け入れて、自分たちが神に選べれ、試されていると信じた。

信じるしかないよな。迫害されて明日の命があるかすらもわからない。それでも、今現在まで生き抜いている。オカルトだろうが、何だろうがすがるものがあるだけで人は生きられるのかもしれない。

本当にヤバい時は世界が灰色に見えて、なにをするにも孤独で、あたかも自分一人の世界に居るようなそんな世界に入り込んでしまうんだ。

そんな世界に一人でも手を差し伸べてくれる人がいたらきっと神様に見えることだろう。きっとその神様は希望をくれる。だから、神様を信じて待ってみるのもいいんじゃないかな。

www.sophiacreeks.com

完全自殺マニュアル

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。