B! ゴロビシャ

何でもいいから外に出すとストレス解消になる

何かを外に出すとストレスが緩和する

大きく息を吐くと気持ちいいですよね。

意外と人間は単純です。何でもいいから外に吐き出すとストレスが緩和されます。

歌を歌うのも、声を外に出しているため、ストレスが発散されます。映画を見て涙を流すのでも、同じくストレスが解消します。

排泄でも外に出すと気持ち良く感じるはずです。汗を流すのも気持ちいいですよね。

悩みも誰かに打ち明けると少しは気が軽くなり。

考え事や思考を吐き出すのも効果的です。例えばブログで適当に書いてみるとかね。

これでもストレスが解消されます。

逆に外からの圧力で自らの感情を抑えなくてはならないとき、新たな情報を頭の中に詰め込む時にはストレスがかかります。

例えば、嫌な上司と別れたいのに、なかなか別れられない状況の場合、自分の別れたいと言う欲求を抑え込むことになりますのでストレスを感じます。

要するに人間は何かを中に塞ぎ込むとストレスを感じて何かを外に吐き出すと気持ちよく感じるのです。

なぜ、外に出すとストレスな解消されるのか

ではなぜ、外何かをに出すとストレスが緩和されるのでしょうか?

おそらく、生物の本能なのでしょう。老廃物を排出する際に、気持ちがいいと言うインセンティブ与えないと排出をサボって病気になってしまいますからね。

自然淘汰でこのような本能がある個体が生き残ったのでしょう。

人間が特別と言うよりも生物はみな、何かを外に出すと気持ちがいいと感じるはずです。

溜め込むことはしません。しかし人間は社会生活を営む中でどうしても自分の感情を押さえつけなくてはならないことも多く、ストレスを最も強く受けてしまう生物であることは間違いありません。

ですから、しっかりと何かを外に出してストレス管理をしなければ、病気になってしまうのです。

イライラする不安な時はとりあえずなんか出す

大声を出さないなら文章で吐き出すのもありです。ブログに悩みや思考を吐き出して、ついでにお小遣い稼ぎもできます。

とりあえず、自分の中にあるものを全部吐き出しましょう。

知識、思考、悩み、便、尿、汗、声、息、涙、垢…

何でもいいので出すと気持ちよくなります。血は出すと死ぬのでやめましょう。

何かを出すことはストレス解消にも繋がり、健康にも経済的に良い影響を与えます。

デメリットはほぼありません。

簡単に気持ちよくなれて、お小遣いも稼げて健康にいい。こんなものは滅多にありません。

こうしている間にも何かを出したくなってきませんか?

今すぐに塞ぎ込んでいるものを解放して豊かな人生を手に入れましょう。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。