名無し文学部@iCreeks!

アニメの感想評価を付けます

B! follow us in feedly ゴロビシャ ネメシスの使い魔

IT業界はデータドリブンへと変化?長くは持たないと思うけど…

IT業界はデータドリブンへと変化Dellが予測

Dell Technologiesは2019年のIT業界に影響を与えるトレンドの予測を発表した。AIや機械学習によってデータセンターの分散化が本格化するとともに、ユーザーが日々利用している機器やアプリケーションが最適化される。ARやVRの活用で、従業員がオフィスに縛られずに働けるようになると予測した。 

 

 Dell Technologiesは2018年12月18日、2019年のIT業界に影響を与えるトレンドの予測を発表した。2018年に話題に上ったクラウドやAI(人工知能)、機械学習、第5世代移動通信「5G」、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、ブロックチェーンといった技術の活用が2018年以上に進み、デジタルトランスフォーメーションを促進すると予測した。


 まず、データセンターについては、モダンデータセンターの形が変わっていくと予測した。

 データセンターの分散化が本格的に進む。その理由は、端末の近く(エッジ)で扱うデータが増加するとともに、AIや機械学習に向けた大規模で高性能なリアルタイム処理へのニーズが高まるためだ。このため、パブリックやプライベート、ハイブリッドを組み合わせたクラウド利用が新たな標準になると予測した。

 
 次にAIと機械学習については、人が担当する作業とコンピュータが行う作業の境界が変化し、「考える」作業の多くがAIによって促進されるという。

2019年のIT業界:IT業界はデータドリブンへと変化、Dellが予測 - @IT

データ・ドリブン

データ‐ドリブン(data driven)
得られたデータを総合的に分析し、未来予測・意思決定・企画立案などに役立てること。特に、ビッグデータを対象とし、各種データを可視化して課題解決に結びつけることを指す。データ駆動型。

データドリブンとは - コトバンク

確かに、データ・ドリブンは今後流行ると思います。しかし、私は長くは続かないと見ています。これらのデータを可視化する技術はすぐにコモディティ化して稼げなくなる可能性が高いです。

大手のMicrosoftあたりが参入してきそうな食い荒らしそうな気がしますけどね。

重要なのはデータであって、それらを可視化する技術はすぐにでもコモディティ化して誰でも安く使えるようになるはずです。

儲かるのはクラウド屋さんでしょうかね。

また、得られたデータから未来予想や企画立案をするということですが、これはコンサルタントに近くなっていくということでしょう。

IT企業というよりはアクセンチュアのようなコンサルティングファームになっていくと予想されます。

しかし、コンサルタント業界もそこまで長く続くとは思えないのです。自社の社員にやらせた方が安いですしね。優秀な人を囲い込んでいる大企業が実績もないコンサルタントに頼るとはとても思えません。

日本の場合

ARやVRの活用で、従業員がオフィスに縛られずに働けるようになると予測した。 

おそらく不可能です。

日本の9割近くのIT企業というのはいわゆるSIerです。

ただの下請け企業が圧倒的に多いですし、20年後にはほぼAIに仕事を取られて廃業します。

SIerは無駄に規則に厳しく、情報漏洩の関係上客先に行って作業をしなければなりません。

今後コンサルタント企業の要素が強くなっていくIT企業でユーザーと直接会話することがより重要になりますし、客先に行かないということはあり得ません。

 

まだまだ従来通りのSIerのビジネスモデルは残り続けると思います。そもそもSIerには技術力がありませんからね。ただの単純労働をしているにすぎません。

SIerは人を派遣してお金を稼がざる得ないのです。

最近は内製化(要件定義のみ)が進み、実際に手を動かす段階は子会社が請け負います。

大規模になれば協力会社(下請け)も行います。

SIerはこき使われる

システムで儲かるのは要件定義と保守運用です。

開発は労力の割に全く稼げません。

つまりこの大変だけど割に合わない部分をSIerを使ってコストダウンしているのです。

この単純労働を延々と続けているSIerは替えが効きます。ノウハウも蓄積ができないため、ずっと下請けでいじめられます。

SIerはIT企業ではありません。アウトソーシング企業なのです。

要するに派遣みたいなものです。

安く使える便利な存在というべきでしょうか。しかもこの開発部分もだんだんとAIによって簡単に行えるようになりつつあります。

となるとSIerに仕事を投げるよりも自社でチャチャっと作った方が早いしやすいということにもなります。

下請けのSIerに未来はないです。できるだけユーザー企業に入るようにしましょう。それがダメでもユーザー系子会社とかね。

クラウド案件が徐々に増える

SIer的に稼げそうなのはクラウドです。

それ以外は正直厳しいかと思います。

だって技術力ないから。

f:id:createday:20181219155537p:image

 

この図にあるようにクラウドしかSIerが取り扱える物がなくなると思います。それ以外はすでにコモディティ化しています。

また、このクラウドも20年も経てばほぼ移行し終えます。

今後SIerはどうやって生きていくんでしょうね。

保守管理だけして行くような管理屋さんになるんでしょうか。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。