about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

縄文文化の魅力なぜ人は縄文文化に魅了されるのか

縄文文化の魅力

f:id:createday:20181119074045j:image

今密かに縄文文化がブームだという。

今日本に何が起きているのか、日本人の祖先縄文人の魅力とはなんなのか。

 

f:id:createday:20181119074133j:image

「火焔型土器」(新潟県)(写真提供:特別展「縄文」主催者)

暇で模様を描いた縄文土器

その力溢れる造形にエネルギーを受け取る人は多いようだ。

豊穣を祝う豊満な土偶

f:id:createday:20181119074200j:image

(左手前から)「土偶 縄文のビーナス」(長野県)、「土偶 縄文の女神」(山形県)、「土偶 仮面の女神」(長野県)、「土偶 合掌土偶」(青森県)、「土偶 中空土偶」(北海道)(写真提供:特別展「縄文」主催者)

f:id:createday:20181119070018j:image

土偶 縄文のビーナス」(茅野市尖石縄文考古館蔵、写真提供/山岡監督)

 

f:id:createday:20181119070028j:image

土偶 縄文の女神」(山形県立博物館蔵、写真提供/山岡監督)

 

文字を持たなかった時代に、高い技術力で独特の造形美を生み出した縄文人

 

縄文ブーム

f:id:createday:20181119074353j:image

特別展で販売されたペンライト。グッズのユニークさも話題になった(写真提供:特別展「縄文」主催者)

 

f:id:createday:20181119074357j:image

遮光器土偶飴(写真提供:特別展「縄文」主催者)


文展を企画した東京国立博物館の品川欣也(よしや)考古室長は、「多くの方々に『縄文』を知ってもらえる機会となり、興味をもっていただく機会になったのであれば、担当者としてうれしく思っております」と縄文展のヒットを喜ぶ。

縄文時代は、およそ1万3000年前から始まり約1万年続いたとされる。大森貝塚を発見したエドワード・モースが、発掘した土器の縄目模様から「cord marked pottery」と名付けたことで、縄文の呼び名が定着した。

人々は竪穴式住居に暮らし、氷河期が終わった日本列島の温暖で湿潤な気候のもと、クリやどんぐりなどの植物のほか、狩猟や漁撈(ぎょろう:魚や貝などの水生生物をとること)などで食糧を得ていたとされる。

しかし、なぜ今「縄文」なのだろうか?

 

岡本太郎縄文文化

縄文の、特に土器の美に衝撃を受けた岡本太郎は著書「日本の伝統」で、「これでもかこれでもかと、執拗にせまる緊張感。しかも純粋に透(とお)った神経のするどさ」と評し、「まるで異質で、ただちにわれわれと結びつけては考えらえない」と、現代に生きる日本人との美に対する観念の断絶を指摘した。

かわいいと感じる人、すごさ、恐れを感じ取る人、感情移入する人。さらには、アソビ心を刺激される人――。言葉を超えた根源的な何かを求めて、人々は縄文に吸い寄せられ始めている。

 

「あの原始的なたくましさ、純粋さにふれ、今日瞬間瞬間に失いつつある人間の根源的な情熱を呼びさまし、とりかえすならば、新しい日本の伝統がより豪快不敵な表情をもって受けつがれるのです」

岡本太郎『日本の伝統』[光文社知恵の森文庫]より)

現代に生きる縄文人のDNA

縄文時代にはまる人が続々 ブームの仕掛け人に聞いた|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。