about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

メンタルやられてた-鬱になったら寝まくろう-

急なメンヘラになった

何故でしょう。急に鬱になりました。一日中眠っていました。それが1週間続きました。一寸も身体が動きませんできた。寝ても寝ても過去の遠い記憶と悪夢が混じり合う夢を見ました。

どこか懐かしくて、気持ち悪くて。

相当メンタルやられてました。

でも、もう大丈夫です。

なぜか不安でクッソ泣きました。

現実逃避に走りあそびまくりました。

でも、もう大丈夫です。

本当にどうしようもなくなったら、もっともっとやりたいことをやります。

だから大丈夫です。

失えば失うほど自由になる

新卒カードを切りました。

学生も終わります。

時間もなくなります。

だから、余裕がなくなりました。追い込まれて後に引けないことに恐怖しました。

くよくよしてる時間はないのですが、時間をちょっと無駄にしました。

でも、失うものが無くなりつつあると、諦めがつき始めます。

行動するのが怖く無くなりました。

失うものがないから。

私が価値があると思うもの

友人と家族です。

いなくなれば私は多分またメンヘラになるでしょう。

それを失い、立ち直れた時、私はより自由になります。

強くなります。

ポッキリ折れた時はもうダメでしょうね。

地獄が待っていようと生きようと思った

未来がどうなるかはわかりませんが、多分良くないでしょう。

人も世も病んでいる。

人々は疲弊し、感情を失いつつある。

30年以内に大きな天災が来ることがわかっている。

社会保障もなく、なんのセーフティネットも無い世界になる。

全てが終わるかもしれない。

それでも生きる。

自分を知る人がいなくなろうと、どれだけ過酷な労働を強いられても、それでも生きることをやめない。

親や与えてくれたもの、託してくれたもの。

その全てを消して無駄にはしない。

新しい時代が幕を開ける。

それは悪夢のような時代かもしれない。

それでも、きっと

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。