about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング ←?

日本脱出は若者ほど考えるべき 日本は終わりタイムリミットはごくわずか

 

人口の20%が「後期高齢者」になり、単純労働に就くのは移民と外国人。医療と介護の安心は根底から覆る

 

若者は絶対貧困になる

「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、65歳以上の人口は3500万人を突破する。

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です」(前出・松谷氏)

普通に働いていれば必ず貧困に陥る。どれだけ仕事を頑張ろうが、税金で吸い取られる。

19卒で来年から働き始める若者が、ある程度給料が上がり始める頃には、同時に深刻な超高齢化が進み、税金がより重く課せられることになるだろう。

つまり、昇給しても税金で相殺されて一向に手取りが増えないのだ。

どれだけ頑張って働こうが、今までのようにお金がもらえなくなる。

また、人が多い企業ほどリストラになる可能性が高い。

 

日本の危機に備える

シンガポールリー・クアン・ユー元首相は、著書『One man‘s view of the world』のなかで、深刻な高齢化社会を長年解決できずにいる日本の将来を悲観し、「私がもし日本の若者だったら、他国へ移民する」との見解を示した。
リー氏は、人口の減少は必然的に経済規模の縮小を伴うため、人口とその構造は国の運命を決める決定的に重要な問題だとしたうえで、日本の高齢化問題は極めて深刻だと指摘。
日本の出生率はいまや1.39人。人口交替率(総人口の維持に必要な 出生率)である2.1よりはるかに低い。
そして最後に、「日本は、平凡な、『その他多くの国の一つ』になろうとしている。もし私が日本人の若者だったら、おそらく他の国に移民するだろう。日本にいては未来が見えないから」と締めくくった。
 
ソース

 

東京五輪「成功要素なし」と指摘
米スポーツ経済学者

五輪と経済の関係に詳しい米スミス大のスポーツ経済学者、アンドルー・ジンバリスト氏が26日、日本外国特派員協会で記者会見し、2020年東京五輪について「成功する要素が見当たらない」と指摘した。
24年夏季五輪のボストン招致に反対する市民団体のアドバイザーを務めるなど大規模スポーツイベントが開催都市にもたらす経済効果を疑問視する論者として知られる。

同氏は英オックスフォード大の研究を引用し、1960年以降の全ての五輪が予算をオーバーしており、特に76年以降の夏季五輪では平均252%の大幅な費用超過だったことを提示した。

以下引用元
https://this.kiji.is/262877674188359158

 

あくまで個人的な予想だけど多分こうなる。

2020年に日本は急速に衰退し、2025年に死ぬ

それまでにタネをばらまいておく。

今まで生きてきて一度も好景気を経験せず、衰退して行く国で育った人生であったが、楽しかったゾ…

ほんと、不安だなぁ。人口見ればわかるけどね。

一気に衰退する理由は高齢者の急増と高齢化し始めた氷河期世代生活保護が増えること。それに従う重税で誰もモノを買えなくなる。

一気に消費が落ち込むから、内需崩壊って感じです。

売り手市場とか言いますけど、4年前ぐらいか、採用人数変わってないからね。

むしろ金融とか採用人数減っているわけで、どの企業も不景気になることがわかっているから、あまり採用してないのよ。製造業でもどんどんRPA化もしてるしね。

増えてるのは小売飲食運送建築介護ばっかり。

スキルが身につく、キャリアアップができる職にありつける人は3割ぐらいじゃないかなぁ。

 

安定なんて存在しない

まぁ、嘘といえば嘘かもしれないが、半分ほんと。

なくならないのはインフラ系と公務員だけでしょう。

なくならないとは言え、給料は確実に安くなるし、税金も上がるので若者はお金はほぼ残らないだろう。残念ながら。

人口減るからこれはしょうがない。

しかし、まぁ、潰れることはないだろう。

ただ、この辺は高学歴じゃないと入れないから、別の業界を目指すのが一般的だろう。

公務員は別に入れるけど、今から入っても救われないとは思う。

1つ、内需は確実に減少します。これは当たり前、人口減少に加え、高齢者を支えるために購買力の高い若者が搾取されるので皆んなが貧しくなる。

高齢者は物欲ないし、金を払っても旅行業界と医療業界が儲かるだけだ。

若者は働きづめで車も買えないだろうし、お金のかからない趣味をするか、スマホゲーで課金するぐらいだろう。

これで儲かる企業ありますか?

BtoCでさらに内需型の企業は厳しい。給料が安くなるのは確定である。

逆に外需型の産業であれば、大丈夫だと言いたいが、そうではない。

リコーが経営不振。

シャープは倒産、東芝も経営危機に。

外需型の産業もいつどうなるかわからないし、競合が世界に広がるわけだから、常に戦争してるんですよね。トヨタだってEV化、自動運転でどうなるかわからない。これで安定はありますか?

20年後を想像すると、日本がどうなっているか全く想像がつかない。

ただ、言えるのは、確実に今よりも酷いだろうな。

5割は独身。給料も殆ど税金で消える。そんな世界になっている。

おそらく、従来のような仕事のスタイルとは変わっているはずだ。

フリーランスが主体になっている可能性もある。しかしながらフリーランスでどれだけの人が仕事をもらえるかというと結構微妙な気がする。

今はまだプログラマーやSE、ライター、イラストレーターと言った一人でもできる職種が多かったが、専門的な知識が求められるものとなっている。

普通の人にフリーランスで働ける道はあるのだろうか?何もスキルがない人は飢え死にしてしまうかもそれない。それを防ぐためにベーシックインカムが存在するが、現状の日本でベーシックインカムを導入するのは非常に困難である。

その理由は老人が損するから。ベーシックインカムは間違いなく弱者と老人が困る。

年金をなくし、一律で国民に所得を分配去るものであるから、ベーシックインカムを受け入れると自分の所得が減ってしまうのだ。

賛成するわけないよね。

日本はシルバー民主主義の国で有権者の半数が50歳以上だ。そんな人たちがベーシックインカムインカムに賛成するわけもなく、ベーシックインカムを公約に掲げる政党は絶対に与党にはならないのだ。

簡単に言えば、この国は積んだ。

 

だんだんと機械と人間との価格差と言うものがなくなってきましたという事は私たち20代の若者がおそらく30代から40代の間で大きく仕事が機械に代替されていく時期が必ず来ます。

そうなってくると思うよ今まで行っていた仕事がなくなる可能性は高いのでマルチタスクで働くことをしたほうがいいと思います。

例えば会社ではネットワークをつなげるようなことをやっている人がいたり、営業やってる人がいたりするのですが、それとは別に例えば本をを書いてみたり、音楽を作ってみたり、ゲームを作ってみたり、とうとう。

まだの機会が得意としていない分野のスキルを身に付けておく必要があると思います。

また、1つだけのスキルに依存しているのは非常に危険です。

間違いなく今後10年間で社会構造は大きく変わっていきます。

それらに対応するためには最低3つのスキルは必要だと考えています。

50代40代であれば逃げ切れる可能性はありますが20代のわれわれはどう考えても働いている間にその危機に直面する事は間違いないので、やりたい事は今のうちにやっておくことをおすすめします。

 

高度経済成長期では、市場全体が活性化し、年収もガンガン伸びた時代ですから、この時代で貧困に陥るのは自己責任だろうとなってしまいますが、今の衰退期では、貧困に陥るのは自己責任だけで片付けれるような簡単なものではない。

理由は、所得格差が年々拡大し、固定化されているからだ。つまり、生まれた家が貧困家庭なら、ほぼ這い上がれないようになっている。

これは、個人の力ではどうにもできない。

 

舐められてんなー。

賃金あげるくらいなら外国人雇いますってかんじです。

代わりはいくらでもいるからってやつですね。(綾波レイかな?)

やろうと思えば誰にでもできる仕事は辞めましょう。スキル身につけて、君がいないと困るって人材になるしかないですね。

日本の労働環境は本当にクソなので、よくするためには、努力しないとなぁ。

日本人の強み➕グローバルに活躍できる強みがある人は市場価値上がりそうですよね。

例えば、国際弁護士とかね。

日本人にしかできないこと(やりにくいこと)は以前として、価値がありますが、国内の市場が人口減少により縮小していく中では稼げなくなって生きます。そこで、グローバルにも対応できるようにすると、外国人と競合せず、日本に特化したサービスが展開できるなどの付加価値が生まれます。

 

よくAIが人間を超えると言われるのが2045年いわゆるシンギュラリティーと呼ばれる歳なんですが実はこれはAIが人類全体の知能コス都市であって一般的な人間の知能を起こすのは2029年と言われていますつまり多くの仕事は2029年の段階でほぼ全てAIによってできるようになると言うことです今から約11年後大量のリストラが発生する可能性がありますまたここまできてしまうと社会全体の構造を変えなければ国として運用できなくなる可能性がありますよく言われるのがベーシックインカムですよね大体今の段階では月70,000円から80,000円の支給がされると言う説が多いそうですしかしながら月78万もらって生活しようと思うとかなり厳しいものがあります実際には国民ゼミにお金を配るわけですから物価が高くなる可能性もありますしまた財源を確保するため税金がより多く取られる可能性は考えられます日本の場合10年後にもなれと65歳以上の高齢者と呼ばれる人たちの人口の割合が非常に大きくなりまた大量にいる何回ジュニア世代氷河期世代といった人たちが全くと言っていいほど使い物にならなくなってしまう年齢でもあります彼らの多くは正社員ではなく非正規雇用で働いていることが多いのですがその場合彼らをどうやって支えていくのかということを考える上で間違いなく酒井保障費は今の何倍にもなるということが予想されますそれを補うためにおそらく今の23倍税金が高くなる可能性があります後なってくると実質的に平等の世界になりどれだけ働いても働かなくても一定の恩恵を受けるような社会構造になってしまいます後なってくると思うお金持ちの方や優秀な方々はどんどん日本から出て行税制度が優遇されている国江頭移住してしまうでしょうそうなるとをもう日本としては打つ手がありません日本でベーシックインカムを導入できるかという事は私は非常に疑問に思っています強いめし喰インカムを導入するには既得権益を出発する必要がありますこの国ではお役人の人たちが非常に強い力持っているので間違いなく自分たちの存在意義を失わせるようなベーシックインカムといった制度には反対すると思いますし税制面を考える上でもかなり厳しいものがありますしかしながらなら間違いなくグローバル化の影響日本企業は競争力をしないそして失わないためにどんどん機械化を進めていくでしょうそうなると街のいたるところに失業者が溢れるといった現象は十分に考えられます一刻も早くベーシックインカムについて議論をしたらいい公約に盛り込むと言った事は必要だと思うのですがそういったことが明郎されるようなふいんきはあまりありません希望の道が公約にベーシックインカムを掲げましたが結局ぐらぐらに終わっていますしまして希望なんてものが出てくると言う事は我々が生きているこの世界は絶望の中にあると言う事なんですよね希望と言うのはいつも大鉄棒の中にあるものです人間て面白いですよね希望に溢れている世界と言うのは絶望の中の世界であるんですか

 

日本市場の縮小と機械化の流れで大量リストラの波が来る可能性があります。

 

このままいけば、貧困国まっしぐらではありますが、そんなに日本はクソではないのではないかと思います。いや、そう思いたい。

 

 

www.sophiacreeks.com

 

 

www.sophiacreeks.com

 

 

www.sophiacreeks.com

 

最近流行りの日本やばい

高齢化社会少子化。急激に人口が減り、高齢者の割合はどんどん増えていく。

働かない人をどうやって食わせていくのだろうか。生産人口年齢の人々からの税金で賄われているわけですが、当然限界があります。

まぁ、このままいけば破綻しますね。

日本で生まれるのは幸運

アフリカの奥地や東欧や中南米の貧しい国に生まれるよりもはるかに日本は住みやすいと思います。20歳までに病気なく、事故なく過ごすことができれば、死ぬことはまずない。

さらに言えば、大学に行って新卒で会社に入ってそこそこ働けば、それなりの暮らしができます。子供や家や車を持つことはできないかもしれませんが。

 

また、大企業では縦割りがしっかりしており、何か1つの業務だけをやっていれば良いという事なかれ主義が蔓延っています。

当然、1つの業務しかできない人というのは使えませんし、市場でしか使えませんし、色々なことをしなければならない中小企業やベンチャー企業でら採用したくありません。

はっきり言って誰にでもできる仕事をしてきただけの1大企業平社員は市場価値が著しく低いのです。

 2020年東京オリンピック以降おそらく日本は一気に推定するでしょうそしてもう二度と早枯れないそういった状況になりますこれから慢性的にどんどん衰退していき2050年にはGDPが全世界で8の国となるでしょうしかしそれでもGDPが全世界で8位と言う事は相対的に見れば日本はまだ恵まれていると考えても良いかもしれませんしかしながら生産年齢が上割合が低くほとんど高齢者になっている事でしょうこの高齢者たちが労働者として働き経済活動に参加するのであればまだまだ日本はやっていけるのではないかなと考えていますもう年金なんていうものは基本的にもらえません障害元気だと思って働いた方が良いでしょう80年いやそれ以上生きるかことになるかもしれません100年間働き続けて生きていける能力を身に付けなければなりません100年も経つとほとんどのものが大きく変わっているでしょう言語も変わっています技術も変わってきますそういった中で我々が持たなければならない能力と言うのは臨機応変に環境に適応していく能力だと思いますどれだけ必死に覚えたところで5年後には陳腐化してしまうそれぐらい時代の流れは早いのですどんな環境でも生きていけるようなスキルを身に付けましょう2050年にもなれとめし喰インカムが実現している可能性が高いですほとんど多くの仕事はAIによって行われている事でしょうしかしながら人間がやると言うことにはそれでもなお価値があるのですや人間がやるからこそ価値がある

 

日本は豊かな国だと思っていた

私が中学生の頃は、まさか日本がここまで衰退するなんて思ってもいませんでした。いや、少子化でヤバいってのはよく聞いていましたが、たったの8年でこんなに衰退するなんて思ってもいなかったのです。

8年。まだ未成年なので、まぁまぁ長かったように感じますが、大人の時間感覚で言えば、あっという間だったんじゃないでしょうか?

私が中学生、高校生の頃はネトウヨがかなり元気でした。しかし、私は中国が崩壊するわけがないとわかっていましたし、サムスンにどんどん家電メーカーが食われて行くのを見て、日本が世界に戦えなくなっていることも理解していました。

どうして、ネトウヨの人たちは現実を見ないのか。その心理を考えると、やはり、日本が衰退して行くことを受け入れられず、その行き場のない感情を他国に向けているだけだと思いました。彼らも事実がわかっている。わかっていながらも、受け入れられていないのだと。

そこからも、日本は本当に衰退して行くのだと感じ取れました。

当時は、そこまで悲観してはいませんでした。別に中国に抜かれようが、まだ日本は裕福だと考えていましたからね。

しかし、現実はそうではなかった。

世界がどんどん経済発展して行く中で、20年間0%成長。今後はマイナス成長に転じます。相対的に、世界からみて貧しくなっていった。

街を見渡せば、老人ばかり。アニメも漫画もすっかりつまらなくなり、過去作ばかり見ている、読んでいる。税金は年々高くなり、給料もどんどん安くなる。

あの時、良識ある大人の言うことを素直に聞いておくべきだったなと思います。これから日本は衰退するから、英語を覚えなさいだなんて素直に受け入れられるわけがなかった。

今は、日常会話程度はわかるようになったので別にそれはいいんですけどね。

ただ、8年で世界がこんなに変わるとは予想できなかった。これからの8年はもっと急速に社会が変化する。そして、日本はより貧しくなる。

それがただただ、恐ろしい。

日本は良い国であったのは豊かであったから

私は日本が好きだ。治安がいいし、サブカルチャー面白いし、ご飯も美味しいからだ。

しかし、それらは昔の話、豊かさに支えられていただけにすぎない。

豊かでなくなれば、それらは失われて行くのだ。日本の好きなところが消え、好きでない国に変わって行くのは恐ろしい。金の切れ目が縁の切れ目ってやつなのだろうか。

それでも、出来るだけ日本は好きでいるだろう。日本人にとって一番住みやすい、居心地がいいのは日本だ。それは間違いない。日本に育ててもらった恩義もある。どれだけ税金が取られようが、文化が失われようが、出来る限りこの国に居たい、住みたいと言うのは当然のことであろう。しかし、本当に限界がきたのであれば、巣立ちする覚悟もいるだろう。

 優秀な人ほど外資系に行く傾向

実力主義の企業が人気:就活控える「東大生」の注目企業、2位はアクセンチュア 1位は……?(要約) - ITmedia ビジネスオンライン

アクセンチュアマッキンゼー等日本最高峰のエリートである東大卒が注目している企業を見るとかなり外資系の企業が多くあります。

日本企業でもトヨタソニー、総合商社など世界と戦える企業もランクインしていますが、やっぱり日本企業ってあんまり良くないのかもしれません…

日本は好きでも日本企業では働きたくないという外国人の人も多いです。

 

 

シンギュラリティと言えば2045年ですよね。

しかしその前にプレ・シンギュラリティというものがあります。

社会的特異点とも言うんでしょうか。

引用:

齊藤元章により、2025年頃にプレ・シンギュラリティ(前特異点、社会的特異点)と呼ばれる社会的な大変革が始まることが予測されている。

 

あと7年後ですか。

間違いなく、何かは起こりますね。

働いている人の5割が仕事を失うかもしれません。

 

https://news.careerconnection.jp/?p=55737 
・韓国の給与総額は全体の14位にすぎない。しかし税率が14.5%と低いため、手取りは世界で4番目に高い、4万4892ドル(約494万)。 

・日本は4万1139ドル(約453万)で第8位に。給与総額は13位だが、税率が22.3%と低く、手取りでは順位を上げた。

 
1. Switzerland: $58,864 after paying 16.9% in taxes 
2. Luxembourg: $46,593 after paying 29.1% in taxes 
3. Iceland: $45,390 after paying 28.7% in taxes 
4. Korea: $44,892 after paying 14.5% in taxes 
5. Netherlands: $43,835 after paying 30.4% in taxes 
6. Australia: $41,655 after paying 24.4% in taxes 
7. United Kingdom: $41,608 after paying 23.4% in taxes 
8. Japan: $41,139 after paying 22.3% in taxes 
9. Norway: $40,834 after paying 27.6% in taxes 
10. United States: $39,211 after paying 26% in taxes 

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。