about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

名無し文学部第二期のお知らせ

お知らせ

なんだか、とても清々しい気分だ。

現在、不正によりGoogleアドセンスが停止され、httpsかに従う掲載順位の低下も相まって、ブログを始めた時のような状況になっている。

普通ならば、落ち込む状況なのかもしれないが、不思議と非常に爽やかな気持ちなのだ。

この広大なネットの海に再び乗り出した時のようなワクワク感と、まだ見ぬ強敵を発見した時の絶望感、それらを乗り越えた時の高揚感をまた味わえるのだから。

自分と同じよな内容を書くブロガーがたくさんいる。

ありとあらゆるところに競合が行る。

その競争にちょっと疲れてしまった。

競合相手は3人もいるのだ、それを一人で相手にしていくのはさすがにつらかった。

そして、どうやっても勝てなかった。

それが悔しくて悔しくて。

同じ内容を書いても全く評価されない。

しかし、この世に公平なんてものはない。

もっともっと努力して食いかかっていかなければならなかった。

絶対に勝つ。

アドセンス執行猶予30日はその準備期間だ。

 

今はどうやってまたアクセスを増やしていくのかを考えている。

また、アドセンスに依存しない収益構造の構築も考えていかなければならない。

この戦略をいろいろ考え、実行していくのがたまらなく楽しいのだ。

現在はnoteというSNSを使い、存在感を強めている。

検索エンジンの上では評価されなくとも、noteでは、それなりに評価されてホッとしている。

Twitterのようなスパムだらけの空間よりもかなり快適だ。

ここで、うまく軌道に乗せるしかないと思っている。

 

今までは右肩上がりの成長を続けていたが、ひたすらSEOに強そうな記事を量産するという単調な作業であった。

それはやはり自分自身もあまり面白くないし、何より読者の方を満足させることができなかったであろう。

 やはり、こうでないとな。

長くから読んでもいただいた読者の方になんら価値を提供できていなかった。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいである。

とりあえず、アクセス数を集めなければ話にならなかったので、こういった記事はあまり書いていなかったのだが、また、振出しに戻ったために、より個性を出していきやすくなった。ある意味、この度の騒動のおかげで身軽になった。

読者の皆様へ

誠に感謝しております。

とてもつまらないブログだったと思いますが、今後より一層コンテンツを充実させていく予定です。

これからも名無し文学部を宜しくお願い致します。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。