about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

ブログの全然アクセスが来ないのはなぜ?(必ずアクセスは増える)

昔の弱気な記事を紹介

懐かしいですねw

下書きを見ていたら出てきました。

ブログを始めたときは本当にアクセスが来なくて落ち込んでいました。

当時はGoogleのアルゴリズムに悪口言ったら、愚痴ったりしてますねw

ただ、継続は力なり。続けて入れば確実に結果はついてくるものです。

今は当時の7倍ぐらいアクセス増えてますし、何だかんだ続けていればアクセスは増えます。

せっかく書いたのに下書きで埋もれているのはもったいないと思い、掘り起こしてきました。

下書きが500記事ぐらい溜まっててやばいんですよねw

せっかく書いてはいるのでちょくちょく出していこうかなと思って居ます。

1年は下書きだけで戦えるぐらいの量があってびっくりしました。

書いてる途中で飽きちゃうんですよね。The ADHDで感じですね。

頑張って最後まで書き上げないとな…

書いても書いてもアクセスが増えない

150記事を超えているんですが、一向にアクセス数が増えないのですが…

競合が強すぎるんですかね。

流石に弱気になってきました。

色々考えてはいるのですが、思うようにはいきませんね。

記事はどんどん増えているのにこれだけアクセスが伸びない理由はなんなのでしょうか?

原因はなに?

独自ドメインが新しすぎるからなんですかね…

まだ取得して1ヶ月しか経っていませんからね…

書いていることがニッチすぎるんだろうか…

いや、競合が強すぎる気もする…とにかく文字を多くしなきゃなぁ…

 

直帰率が高すぎるのが問題かも。

もう何が何だか、わかりません。どうすればいいんだろう。

気にしすぎ

いや、気にもなるよ。努力が報われないことほど辛いことないよ。

でも、そんな時こそ落ち着かないとダメだよね。こればかりは仕方ありません。

運ゲーですよ。いや、本当は運じゃないですけど。自分ではどうしようもできない要素というのは確実に存在するものです。

 待つしかありません。できることはまだまだいるのでとにかく書き続けるしかありませんね。

3ヶ月続けて来れたんだから、なんとかなると思っています。にしても悔しいな。

 

 

ってなことをすごく考えていました。悩みましたねぇ本当に。

でも、色々やっていくと手応えを感じしました。
やっぱり頭を使わないとダメですねぇ。
pv数はまだまだ上がると思いますし、ドメインパワーも強くなっていくと思います。

このブログの問題点

Googleアナリスティクで解析したところ、非常に直帰率が高い!
対策として内部リンクを作ってあげました。これにより多くの人が1ページ以上読んでくれるようになりました。非常に効果的でしたね。
いや、関連する記事って下の方に出てるから、興味がある人は勝手にみてくれるだろうと勝手に期待していたのがダメですねぇ。
みなさんが使いやすいように、労力を使わねばならないなと感じました。

検索上位に表示されない

とにかく文字を書き加えたり、タイトルを変えたりしています。

少しづつ効果が出ているようないないような?

 

Googleのアルゴリズム

本当にクソ仕様ですね。文字の量が多ければ多いほど評価されるシステムです。
つまり、書いてある内容はどうでもいいということです。
質よりも量が大事というわけです。意味不明な文字の羅列で1万字書いてある記事と2000字で簡潔にまとめてある記事では、残念ながら上位に表示されるのは前者の方になります。
試してわかったこと

SEOを考える上で必要なことはほぼこれだけです。文字の量を増やす。
3000文字の記事を7000文字に増やしたところ検索結果が上がりました。簡単に言えば、書けば上位に表示できるよってだけです。SEOもクソもないですね。
しょうがないですよね機械が勝手に選別しているんですから。にしても、納得がいきません。確かにドメインパワーがまだ弱いというのはあるかもしれませんが、ドメインパワーと文字の多さだけで上位に表示されるって本当に価値を提供できているか怪しいと思います。


競合が強い

 

最近アクセスが伸びない理由がわかりました。競合が強いわ。NAVERまとめとも争わなくてはならない状況です。まぁ、ほぼ勝てないので、検索上位の枠が一つないような者なのです。そのほかはドメインパワー が上がればやりようがあるかもしれません。今のドメインパワーではどれだけ頑張ろうと1ページ目に収まりません。これでは、アクセスが来ないのも仕方ありません。
Googleに媚びた運営はしたくないのですが、こればかりはしょうがありませんね。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。