about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

やったもん勝ち。やらなきゃ負け。

頑張ります

はえー。放置してたけど、サブブログのほうがちょくちょくアクセスが増え始めたみたいだ。

こっちの方もちゃんと更新しないとなぁ。こっちのブログも順調にアクセス数が伸びているので、どちらも進めないといけない。やることが多すぎるなぁ…

おそらく、もう一つのブログもちゃんと半年ぐらいかけて作れば一日100PV以上ぐらいには成長できるポテンシャルがあると思うので、作り込んでいこうと思うのだが…

特化サイトであるものの、それ関連の資格を取ったのが昨年のことなので、如何せん知識がだいぶ抜け落ちてしまっている。

まぁサブでやる分には問題ないと思うが、とにかく時間がないな。プログラミングも情報関連のことも覚えなくてはならないので、本当に時間がない。

このブログは好きなことを書いているだけなので、簡単に書けるが、それでも1記事1時間ぐらいはかかる。

でも、うれしいなぁ。最近はアクセスが右肩上がりで、やればやるだけ結果が出てくる。当初予定していた計画通りに動いていると感じる。

ただ、創作分野での行き詰まりも感じている。この辺は才能なのかなぁ。

ストーリーの設定は既に出来上がっているんだけどそれを表現するだけの語彙力がないと感じる。その辺は努力しないといけない。あと、サイトの方はまぁ、概ね完成したので、あと半分をすぐに作って早く本編を書くつもり。

このブログの目的はGoogleアドセンスの獲得と、集客が目的であったので、まだ、目標の月10000PVには到達していないが、すでに7500PV以上の集客効果がるので、10000PVまでは時間の問題だろう。

ここで人を集めて、創作の方に移動させ、一発当てる。そして人を一気にポータルサイトの方に呼び込む。そして、新しいサービスをどんどん提供していこうと考えていたのだが、現実はそんなに甘くはないね。

でも、まだ半年しかたっていない。今は下積み時期だ。絶対目標を達成する。7年間しか猶予がないので、なんとしてでも7年間ですべてのサービスを完成させたい。そのために20歳の時からこつこつと資格勉強したり、計画を練ってきたんだから。100%うまくいってるわけではないが、70%ぐらいは成功してる。

7年は長いようで短い。毎日休まずにこつこつ進めて行かないとキツイものがある。

なぜ7年なのかと言うと、それ以降日本は一気に衰退し、重税に苦しむことになるからだ。

これは避けられない。

最悪、海外に行くとかも考えなくてはならない。

そのために、わざわざITスキルが身につかられて海外に行けるチャンスのある企業を選んで内定を獲得したのだから。

一応、このブログは365記事で一区切りの予定だった。案の定それぐらいには少なくとも当初予定していた10000PVには到達しそうだ。

大丈夫、イケる。イケるはず。目標達成のためにわざわざ海外に行けてプログラミングをタダで学べる会社に入ったんだからな。

お金は絶対にかけない。すべて無料でが条件だからな。あと、一人でやるていうこと。

目標を再認識

やりたいことで、生きる。楽しんで働く。そのための努力。

ただ、死んでいく社畜人生は送りたくなかった。

社畜でもいいけど、会社に依存したくなかったし、やらされて仕事をするのは我慢できない性分なのは自分でもわかっているので、厳しくても自分の力で仕事がしてみたかった。

結果が出るのは時間がかかる

はい。今回は独り言と、自己暗示と理想を書きました。これが私の計画であり、目標です。そのために、コツコツとはやってきたつもりですが、まだまだ努力が足りません。

ある程度やらなけらばならないことが終わったら寝る暇を惜しんで頑張ります。

頑張る理由は楽しいから。自分で考えて、努力して、勉強して、いろいろなものを作って。本当にイキイキしてる。

今までの受け身で役に立たない知識を教え込まれ、洗脳されるくそつまらない学校という鎖から解放されて、本当に楽しい。

私の人生は19歳から始まった。まだ、3歳だ。

10歳になるまでに独り立ちしたい。

そのために頑張る。強くてニューゲームって感じだ。

生まれたときは生きがいなんて見出さない。遅かった。すごい人は10歳から動き出してる。約10年遅れた。だから、今から急いで始めたんだ。

30歳になった時、絶対に後悔しない。したくない。愚かな人にはならない。なりたくない。

もう若くない。人生の体感時間は既に折り返した。もう過去には戻れない。だから、今から始めるしかない。

誰しも、必ず、初めてはあったんだよな。

右足を踏み出さなけらば負けだ。

地団駄踏んで苦しむのは辞めだ。

失敗しても後悔はしない。

失敗は賞賛すべきことだから。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。