about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

嫌でも明日が来るんだよな(色即是空)

色即是空

怖い。恐ろしいな。

何もしなくても時間が過ぎてゆく少しずつ体が老いてゆく。

こんな恐ろしいものだとは思わなかったよ。

人生80歳まで生きるらしいが、好きに生きて行けるのは精々10年ぐらいなもんだ。恐ろしいよ。なんのために生まれて、死んで行くんだろうな。

一日ってたったの24時間しかない。しかも1/3は寝ている。一か月もその一日が30日ぐらいしかない。その一か月も12回過ぎると一年が終わる。一年もたったの365日しかない。恐ろしいよな。これだけの期間しか我々は生きられないわけだ。一体何をこの世に残せたんだろう。何もないよ。それがとても空しくて、悲しくて、愉快なんだな。

結局評価する人間もいずれはいなくなる。すべてのものが意味もなく存在している。空なんだよ。でも、とても綺麗に見える。

色は是即ち空なんだな。

空は色でもある。

不思議だ。空なのに綺麗に見える。我々生物が観測者となることで空が空でなくなる。この宇宙が存在するためには生物がいるんだ。そうでなければ、どう考えたって生物がいなければならない理由がないもの。

宇宙の意思が存在することを望んだから生物が生まれたんだとしか思えない。

無駄だよな。宇宙のために我々は生み出され、生かされている。

はぁ、運命共同体なわけか。だから、繋がれるんだな。

ゆらぎが生み出したんだろ。ゆらぎは宇宙の曖昧さで、気まぐれで、なんの意味もない。私がふと散歩に行くような感じなんだ。

生物は生きてさえいればいい。

そして、宇宙を観測してさえすればいいんだ。

ここまで辿り着いたならあと少しだろうな。人類は解脱する。宇宙の意思が輪廻だったんだ。釈迦のもとへ人類全員が一体となって導かれる。

輪廻からの離脱で私たちはやっと自由になれる。でも、その先は何があるんだろうね。たぶん何もないと思うけど。

空を目指して、必死に生きてきたんだ。

すげえよな。綺麗に見える星すべてが空で本当は透明なんだぜ。

理解できないけど、わかっているんだ。

ずっと、ずっと昔からな。

あとちょっとなんだ、きっと自由になれる。

電波な話はやめだ

これは、真実で、虚構だ。夢と変わらないし、現実でもある。

ある時、世界が透明にも、カラフルにも、真っ黒にも見える。

真実であれ、偽りであれ、30年後には必ず分かる。

だから、くだらない話はやめて好きなことでもしてようか。

輪廻からは逃れられない。絶対にね。時間が無限だとするならば、我々は何度でも回り続ける。永遠回帰ってやつか。

来てほしくない明日は何千、年万、いや、何億回も繰り返しやってくる。過去の私はどう乗り越えたんだろうな。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。