about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

自分で書いて自分で喜ぶ

自分で読んで自分で喜ぶ

自分の書いたブログを読んでキャッキャッと笑っている。

前はこんなこと考えていたんだなぁと思うと同時に文章のぐちゃぐちゃさに笑いが溢れるのだ。

エンタメを自給自足する

エンターテイメントの自給自足といえば自給自足かもしれない。

私が書いて私を喜ばせる。

何より、私は私のことを1番よく知っているので、私が求めているものを100%提供してくれるのだ。

何かに不満があるなら、それはチャンスで自分で作ってしまえばいい。

私と同じ思考をしている人間が少なくとも1人以上はいるだろう。

だって私自身が受け手にもなれるのだから。

それ以外にも日本には約1億人いるのだから、5人くらい居てもおかしくない。

その他の私と似た人も喜ばすことができ、さらに自分も喜ばせることができるのであれば、それは周りからゴミであるように見えても、価値があるのではないかと思う。

自己満足ともいうのかもしれない。

でも、人生自体が自己満足の何者でもない。

自分が満足すればそれで良いのだ。(バカボンのパパ並みの感想)

もちろん、他人に迷惑をかけたり、不快にさせることはしてはいけないが。

人生壮大なオナニーみたいなもんです。

自分が満足ならそれで充分です。 

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。