about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

オートポイエーシスシステム

オートポイエーシスとは

 人間の心は閉ざされている。

チリの生物学者であるマトゥラーナヴィランが提唱したオートポイエーシス理論。

オーautoは自分のことであり、ポイエーシス(poiesis)は製作することを表す。つまり、オートポイエーシスとは自分で自分を作り出すシステムでかる。

生物のからだは日々、DNAの遺伝情報から複製されているためオートポイエーシスシステムであると言える。

マトゥラーナは動物の神経についての研究者であり、ハトの間に様々な波長の光を当てて、視神経の交付やパターンを調べていた。その際面白いことに気がついたのだ。波長の大小と興奮パターンの間には因果関係が見つからなかったのである。

 つまり、外部の影響を直接には受けないということです。

機械的な存在であれば、ある波長に対して視神経の決めた部位が反応する。機械は他律的で決まった入力に対して決まった出力がでます。

生物は違いますね。自律的で、各個体がそれぞれ固有の歴史や思考を持っています。

 閉じた自立システム

端的に言えば「閉じた自律システム」です。

このオートポイエーシスシステムは意識システムだとも言えます。

このオートポイエーシスの特徴として、閉ざされており、外部から観測することができません。

自己とは認識主体です。認識主体を認識することはできません。自己が認識できたとしたらそれは認識対象です。 

仏教の言葉に「刀は自らを切ることができない」という言葉があります。

自らを認識することはできないんですね。

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。