about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

いつまでもあると思うな親と金

いつまでもあると思うな親とか金

私は末っ子として産まれた。

育て方はずいぶん適当で「とりあえず、上と同じようにしときゃええわ」みたいな感じで育てられた。

おいおい、人には好みってものもがあるし、タイプも全く違うだろ。

 

それにとりあえず、お下がり。

新品というものを知らずに育った影響か今でも中古ばかり買っている。

まぁ、新品だろうがどの道ボロくなるのがわかりきっているのであまり気にならないのだが、幼い頃はあまりに適当に育てられたので望まれずに産まれた子なのではないかと落ち込んだこともある。(当然そんなことはない)

しかも、お小遣いというシステムすらなかった。(どうやって生きてたんだよ)

てなわけで、かなり不本意な育てられ方をした。

ある程度自由に今ならば好きに生きていけるが、貴重な幼少期の時間をずいぶん無駄使いしてしまったように思えて悲しい。

悲しいのだが、今は割とまともに育ったので結果的には良しとしよう。

 感謝

こんな適当に育てられても私は人間ですから、親には大変感謝していますし、なるべく旅行に行ったりお話をしたりして仲良くしています。

こうなんと言いますか…わかるんですよね。

両親が老いていってるのが。

結構辛いものがあります。

あぁ20〜30年後には死んでるかもしれんなぁみたいなのがわかるんですよ。

あまり死について意識したことはなかったんですが、実際に死人を見たときに「あぁ人間って死ぬんだな」って理解してしまったんです。

怖いというか、そういう感じではなく悟った感じがしました。

永遠なんて存在しないんだってことがよくわかりまして、老いるのがすごく怖くなったんです。

死にたくないって思いました。

いや、別に死んでもいいんですけどまだ死にたくないなって。

やりたい事がまだいっぱいあるし、経験してないことが山ほどありますから、全部やって死にたいなって思いました。

両親の人生はどうだったんでしょうね。

親には迷惑しかかけてないので、少しぐらいは親孝行しないとなぁって思います。

できなくなる前にやっておく。

これ本当に大事ですよね。

多分一生後悔します。

そんなの嫌ですよね。後悔を一生抱いて生きるなんてとてもできない。

 

 

お金は稼げるけどね 

お金の場合はまた稼げばいいんですがね。

ただ、お金もいつまでもあると思っていると取り返しのつかないことになる可能性がありますから、無関心すぎるのは良くないでしょう。

働きたくないですけど、死ぬよりマシですから人間なんとかするもんです。

人間も生き物ですからね。

本当にヤバくなったら生きるためにガムシャラになる。

なんだかんだで、なんとかなります。(こうやって調子こいてその結果ギリギリで生きてきたわけですが…)

いつまでもあると思う親と金はまさにその通り。

しかし、金はなくっても増やせまが、親は残念ながら増やせません。

毒親の場合は正直親孝行なんかせずにさっさと縁を切ったほうが良いですが、普通に育てられた人はなるべく親孝行しておきましょう。

全員がしろってわけじゃないですが、後悔しやすい人は絶対やってください。

一生できなくなるって結構メンタルに来ますよ。

そんなことになったらまともに働けないかもしれない。

死人に足を引っ張られるようなもんですからwそんなことは親も望んでいません。

誰も得しない状況になるので、あほくさいですよね。

メンタル弱くて後悔してしまうか持って人は今すぐやりましょう。

 おまけ

ちなみにこの諺には続きがあって、無いと思うな運と災難と続きます。

運があると信じて挑み、災難があると思って用心しろってことですね。

諺になるくらいですから、昔の人もこう言ったことで後悔していたのでしょう。

人間いつの世も変わらない部分があるんですね。

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。