about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

ガチで海で溺れかけた話

今は11月26日

季節感全然ないですが、海の話をしたいと思います。

 

タイトルの通りなんですが。

はい、死ぬかと思いました。

海は調子に乗ると死にます。

遊びに行くときはくれぐれも気をつけてください。

 

海はなぜ危険なのか。

離岸流があるからです。

岸から沖に向かって流れ出すこの強い流れを「離岸流(りがんりゅう)」と言います。英語ではリップカレントRip currentと言います。遊泳中にどんどん沖へ流されて、深刻な事故につながりかねません。

 

日本ライフセービング協会の石川仁憲・副理事によると、日本の海水浴場で人が溺れる事故のうち、5〜7割が離岸流によるものだそうだ。

こわ。

離岸流って何だよって話ですが、字の通り岸から離れていくながらです。

波が押し寄せてくるなら当然引かないとおかしいですよね。

押し寄せるだけなら陸地は全て海になってしまいますから。

f:id:createday:20171126133712j:image

f:id:createday:20171126133719j:image

画像で見るとわかりやすいですね。

向岸流は砂や岩などの抵抗を受けるので、弱まるのですが、離岸流は強いです。

なぜなら横に分散した波が一箇所に集まります。

また、離岸流の場所は底の砂が流されて、えぐれているので底が深いです。

流れも強く、足も届きません。

殺すためだけに存在する波ですね。

理論的にもこのように非常に危険なことがわかりますね。

 

こんなことは調べればわかるので、体感した経験を書きたいと思います。

私は調子に乗って結構深いところまで行ってしまったんですね。しかも、服を着てw

マジで自殺行為ですね。

いける!いける!って調子に乗っちゃいました。

どこまでいけるのか試したくなってしまったんですね…

スイスイと進むことができたのですが、途中でなんかイヤ〜な感じがしました。

あれ?これ帰れるか?

急に怖くなって、引き返したのですが…

 

あれ〜進まないゾォ?

 

はい、泳いでも泳いでも全然進まないんです。

3歩進んで2は下がる。そんな感じです。

しかも足届かない。

オイオイオイ、死ぬわオレ

進まないし、だんだん体力がなくなっていきす。

なんとかつま先の先っぽだけ着くような場所まで戻ったのですが、波が押し寄せると足が届かなくなりますし、ヘトヘトで衰弱しているので波に抗えません。

 

もうね、弱ってると本当にダメ

めちゃめちゃ海水飲み込んじゃうんですよ。

 

 

息ができなぇ

もう、苦しくて苦しくてめっちゃ気持ち悪くなります。

 

 

こんな時でも頭は意外と冷静で、

 

(海の水って汚ねぇよなぁ、細菌とか微生物いっぱいいそうだし気持ち悪りぃな。)

 

そんなこと思ってましたね。

でも、体を動かさないと沈みますし、マジで死ぬんです。

だから、海水がぶ飲みしながら必死に泳ぎました。

火事場の馬鹿力ってやつですかね。

マジで頑張った。

死にたくない。

そう思いました。

砂浜には友達がいるんですよ?

調子に乗って溺れて死ぬとかクッソ恥ずかしいです。

海で死ぬのはオススメできません!苦しいは恥ずかしいは良いことは何もない。

死ぬならもっとカッコよく死にましょう。

 

まぁ、このブログ書いてるんで、死を経験したことはないんですけどねw

 

なんとか、生還しましたよ。えぇ、体はヘトヘト、お腹は海水でタプンタプンになって鉛のように重かったです。

疲れて速攻で部屋に戻りましたねw

 

海にはこりごり…

(ちなみに「海」か「山」か聞かれた際に絶対「山」って答えるようになりました)

 

 

どうでしたか?少しでも海の危険性が伝わればいいのですが…

とにかく、苦しいし怖いしダサい。

恥の多い人生を生きてきましたが、

死ぬときぐらいかっこ良くキメたいもんですね。

それではこれで終わりますね。バイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。