about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

攻めるなら若い時

 マクドナルドがついクレジットカードに対応した。

遅すぎる。

 

クレジットカードサイコー!!

 

そんな人種です。なぜかって?

私は物をよくなくからです。

ペンは最速5秒でなくす。

そんな私が小銭なんて持てない。

お釣りをもらったら即ポケットに突っ込み、そして消える。

四次元ポケットかな?

そんな私にはクレジットカードは便利すぎるのです。

小銭をジャラジャラ取り出す時間も煩わしさもない。

小銭も失くすことはない。

本当に助かる。

このように私はクレカ大好き人間なわけです。

 

なぜ現金で支払い続けるのか?

 

私は現金主義の人と真逆なわけです。

未だに現金大好きな人は意味がわからない。

なぜか彼らは怖いものだと思っている。

借金?全然違いますよ。

(リボとかやってる人は知らん)

それが怖いならデビットカードってもんがあるんですよ。

それでも、使わない。

思考停止してるんですよね。わかってはいるけど、使い方がわからないし、なんかめんどくさそうとおもっている。

非常によくわかる。その気持ち。

でも、そんなことしてるとすぐに認知症になってしまいますよ。

人間新しいことをしなければどんどんバカになります。

惰性で生きてしまうんですよね。

 

私は絶賛惰性で生きていますがw

だからバカになってしまっている…悲しい。

新しいものを目の前にした時、興味津々な人、取り敢えず否定する人。

いろんな人がいますが、歳をとるとだんだん興味が持てなくなって来ます。

しかも、自分の知らないもの。未知のものを否定してしまいます。

おそらく、怖いんでしょうね。

未来のデバイスをポンっと目の前に置かれてビビってしまう。

誰でもこうなってしまいます。

守りに入ってしまう。

 

攻めることができるのは若い時だけかもしれないなぁと思うのです。

歳をとると体力も好奇心も衰えていく。

しかも若い時とは違い、失敗したらやり直しがしにくいです。

だから、守りに入ってしまうんですね。

たぶん、私は全力で守りに入るタイプだと思います。

若くても冒険できませんでした。

ビビってましたね。

だって怖いじゃないですか、レールから外れるのは簡単だけどまた戻るのは難しいんですもの。

そもそも、レールなんてものが本当にあるのかわかりませんが。

レールから外れてものし上がっていく人は沢山います。進めなくなる人もいますけど。

レールから外れても前に進むことができる人は本当に凄いんです。

私ならすぐにくたばってしまうでしょう。

しかし、世間は彼らにとても厳しい。

ほならね?自分でやってみろって話でしょ?

安全圏から石を投げるのは楽しいでしょうね。

そんな卑劣なことしてるより彼らを尊敬したり、応援したりって気は起きないんですかね。

起きないと思いますが。

普通とは違う人たくさんいますけど、よっぽど努力していると思いますよ。

リスクを取っても、(取らざる得なかったのかもしれない)それでもある程度成果を出しているならば、それは賞賛に値すべき事だと思います。

捻くれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。