about プライバシーポリシー お問い合わせ クラウドファンディング 秘密の場所 沿革 スポンサー ←?

言葉

カリギュラ効果で広告効果をアップしよう!

カリギュラ効果 ローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにした1980年のアメリカ・イタリア合作映画『カリギュラ』が語源で、過激な内容のため、ボストンなどの一部地域で公開禁止になったことで、かえって世間の話題を惹いたことにちなむ[3][4]という。概ね日本固…

可視化と見得る化(見える化)の違い

可視化と見得る化(見える化)の違い 可視化→物理的に見える様にする 事見える化→属人化して不透明になってる業務などを他の人でもわかる様にする事 可視化→見えなかった物を見えるようにする事見える化→見せてなかった物を見せるようにする事 属人化 読み方:…

小説初心者に役立つサイトまとめ

小説初心者に役立つサイト ライトノベル作法研究所 日本語シソーラス 文章校正ツール 文字の書き方のルール 青空文庫 小説の構造について 一番の勉強は実際に書いてみること 小説家になろう カクヨム エブリスタ 小説初心者に役立つサイト ライトノベル作法…

小説の分類と王道(神話の法則)

小説の分類 ミリアム・クイック、情報視覚化・データ分析ジャーナリスト 調査チームは1700作品もの小説を分析し、物語を6つのタイプに分類した。この分類は、世界中で愛されている作品にも当てはまるのだろうか。 米国の小説家カート・ボネガットは、自らの…

人類はどのようにアイデンティティを確立したのか

アイデンティティ アイデンティティとは自己を確立する要素の事である。 その要素が共通のものであるなら「共通点」異なるものなら「相違点」と言い表すことが出来る。 国語等で扱われるアイデンティティの喪失とは自分とは何かと問うとき、要素(アイデンテ…

文章もデザインである-デザインの重要性-

奥が深い文章 今まで考えていなかったですが、文章って奥が深いですね… 文章だけでなくて短歌とか俳句とかすごい 文字という媒体を使い限られた字数の中で完璧に情景や風情を伝えている。 冷泉為相(れいぜいためすけ) 「花かをり 月霞む 夜の手枕に みじか…

Humblebragとは?自逆風自慢がうざいことファッション無能

Humblebragとは? 他人に言わせろ! 日本のネットにあふれるファッション無能 人間のコンプレックス 酸っぱい葡萄 見栄を張る Humblebragとは? 英語です。動詞でもあり、名詞でもあります。 ”humble(謙遜)” + “brag(自慢)” →「謙虚を装った自慢」とい…

お嬢様言葉の歴史とお嬢様部

休んでる暇なんてなくってよ〜お嬢様部〜歴史 茶番は終わり 女学校で流行した「てよだわ言葉」 休んでる暇なんてなくってよ〜お嬢様部〜歴史 さぁ、休まずに行きますわよ。 一週間ぐらいブログの更新をサボってしまいましたが、まだまだ、ビギナーを脱してい…

なろう小説の特徴と歴史(小説家になろう考察)

なろう小説とは? ライトノベルの歴史80年代 脱ハイファンタジー90年代 そして再び異世界ファンタジーへ00年代 違ったジャンルのものも登場? タイトル定型文を作ったラノベ 一般人オタクによって作り出されたなろう小説 なろう小説に異世界ものが多い理由 …

【必見】コミュニーケーションが最高の娯楽である

コミュニケーションが最高の娯楽 なぜ娯楽が必要なのか? どのような目的で人間は言語を獲得したのか 久夛良木健の考えるエンターテイメント Cellコンピューティング 次世代のコンピューター コミュニケーションが最高の娯楽 なぜ娯楽が必要なのか? 人間、…

【必見】ブログを書くときに音声入力使うと、便利過ぎワロタ

音声入力でブログ書いてみた! この記事は音声入力で書いていますこれほんとに便利ですね脳で思考したことがすぐに文字となって現れるので非常に楽ですもっと早くから使っておけばよかったなと思う位ですねただ音声入力の弱点としては句読点が打てないことで…

最近のギャル用語

最近のギャル用語 http://news.2chblog.jp/archives/51923390.html 1日、毎年恒例の2017年「ギャル流行語大賞」が発表された。 【2017年ギャル流行語トップ10】 1位:マ? 2位:だいしてる 3位:スタ連 4位:過去1 5位:フロリダ 6位:そマ? 7位:ちな 8位…

【必見】ブランドがすり減る!?言語から考える知的財産の戦略

ブランドがすり減る 希少価値 知的財産の重要性 アニメ化するとオワコンになる ブランドがすり減る お前、貴様、こんなこと言われたら皆さん怒りますよね。 でも、丁寧な言葉って初めに「お」をつけることが多いですよね。例 「お大事になさって下さい」 接…

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。