ビジネス 未来予想 中国 about プライバシーポリシー

デジャヴがすごい デジャヴをよく見る人の特徴

 

f:id:createday:20180422094112j:image

最近デジャヴがすごい…

週に2〜3回デジャヴを体験します。今回はそのデジャヴとは何か?どう言った人がデジャヴをよく見るのか調べてみました。

デジャヴとは何か?

既視感(きしかん)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。フランス語: "déjà-vu"[† 1]よりデジャヴュ、フランス語由来の英語 "déjà vu"[† 2]よりデジャヴまたはデジャブなどとも呼ばれる。

フランス語の vu (「見る」を意味する動詞 voir の過去分詞)、および、訳語の「視」は、いずれも視覚を意味するものであるが、聴覚、触覚など視覚以外の要素もここでいう「体験」のうちに含まれる。既知感ともいう。

既視感と逆に、見慣れたはずのものが未知のものに感じられることを「未視感」という。フランス語 "jamais vu"[† 3][† 4]より「ジャメヴュ」「ジャメヴ」「ジャメブ」とも呼ばれる。

デジャヴと反対の現象 ジャメヴ

経験したことのない体験をまるで経験したことがあるように感じる現象はデジャブといわれますが、これとは逆に経験したことがあるはずの体験を全く経験していないように感じる現象は「ジャメヴ」と呼ばれています。ジャメブはフランス語で「これまで見たことがない」という意味の言葉に由来しています。

ジャメブが起こった人は知っているはずの言葉や場所などを一瞬認識することができなくなるといわれています。記憶喪失や精神疾患の一部ではないかとする研究者も存在しますが、デジャブと同じように健康な若者にも発生することがわかっています。ジャメヴはデジャブと同じく人体に起こる謎のひとつだといえるでしょう。

デジャヴの概要

一般的な既視感は、その体験を「よく知っている」という感覚だけでなく、「確かに見た覚えがあるが、いつ、どこでのことか思い出せない」というような違和感を伴う場合が多い。過去の体験は夢に属するものであると考えられるが、多くの場合、既視感は過去に実際に体験したという確固たる感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる。デジャヴは神経の“通り道”が違ってくることで起こる脳内の情報処理プロセスに起因するものである。

過去の文学作品においても言及が見られ、近年現れ始めた現象ではないことを示している。一般大学生の72%が経験しているという調査結果がある[1]。記憶喪失や夢などのギミックと組み合わせて、物語の伏線として利用されることもある。

デジャヴの原因は?

①無意識の記憶説

精神科医であり精神分析学者でもある「ジークムント・フロイト」は、その著書の中で「デジャブとはすでに見た夢のようなものだ」と述べています。フロイトによれば人がものを見る場合、それが意識的に見たものであれば記憶され、再度思い出すことができるといいます。しかし、無意識に見た景観に関しては思い出すことができず、デジャブのような不思議な現象として現れるというのです。

 

②記憶のエラー説

先述した無意識の記憶説に似ていますが、こちらは意識ではなく脳の記憶方法の話です。脳はある物事を記憶をする際に、それらを細分化して各部位で別々に保存するといわれています。私たちが記憶を思い出す際には、脳によって細分化された記憶を各部位から抽出して、再度組み立てなおすという作業が行われます。

このときに歯状回(しじょうかい)と呼ばれる記憶とエピソードを結びつける部位の働きがうまくいかないことで記憶障害が起こることがあります。これがデジャブの原因ではないかとする説です。これであれば脳が発達している大人にデジャブが起きにくく、成長途中の若者に多く発生することにも説明が付きます。また、疲れているときには脳の働きも鈍くなり、ストレス下でデジャブが発生しやすいことにもうなずけます。現在ではこの記憶のエラー説がデジャブの原因を説明する上で最も有力だといわれています。

 

③目の認識速度の違い説

人間の目には利き手や利き足と同じように「効き目」が存在することがわかっています。人は物を見ようとした際にはこの効き目から先に見ているため、両目のあいだには認識速度の差が発生します。この差は非常にわずかなものですが、稀に脳が混乱してしまうことがあるのではないかといわれています。これがデジャブの原因だというのです。

 

④予知能力説

デジャブの原因は人間による無意識の予知能力であるとする説です。予知能力と言ってしまうと突拍子もなくなってしまいますが、これらは予測能力と言い換えることもできます。例えば明日あなたには山に行く予定があるとします。そうするとあなたは無意識のうちにこれまで行った山やテレビで観た山の風景を思い出すでしょう。

眠っているあいだにも無意識の予測は行われ、山で行楽する自分を夢に見たりします。しかし、夢の大部分は忘れ去られているため、次の日に行った山が予測していたものに似ていた場合にはあなたはデジャブを感じることになります。これと同じように「予知夢」と呼ばれる現象も無意識での予測が現実になったものなのではないかという説が存在します。

 

 

デジャヴよく見る人の特徴

 

①15~25歳の若者

デジャブを経験したことがある人を対象に調査した結果、これらの現象は歳をとるほどに減少していくことが明らかになりました。つまりデジャブは若者ほど起こりやすいということがわかったのです。また、若ければ若いほど経験者が多いという訳ではなく、15歳~25歳のあいだが最も多いことがわかりました。

f:id:createday:20180422094703j:image

②感受性が豊かな人

デジャブを体験する人は感受性が豊かで、周囲からの影響を受けやすい人物であるといわれています。これはデジャブを体験する人の多くが多感な思春期の中にあることからも理解できます。もちろん歳を重ねた大人の中にも感受性の豊かな人は存在します。しかし、一般的には様々な経験を経ることで外部からの刺激に強く(鈍く)なっている人がほとんどです。

f:id:createday:20180422095038j:image

③強いストレスを受けている人

調査の結果、デジャブを体験した人はその少し前に肉体的、精神的ストレスが強くかかった状況であったこともわかっています。脳が疲弊している状態では錯覚などの混乱症状が起こる場合があることがわかっています。また、精神的なストレスも記憶障害などを引き起こすといわれています。

f:id:createday:20180422095257j:image

④旅行によく行く人

デジャブを体験する人はそうでない人に比べて旅行に行く頻度が高いということもわかっています。自分の行動範囲意外に行くことは脳にとって良い刺激を与えるといわれています。これら旅行の刺激とデジャブの体験には何か繋がりがあるのでしょうか?

f:id:createday:20180422095440j:image

私の場合

あ、写真は旅をしている時に撮りました。

たぶんあってるなw

私は22歳で、感受性が豊かで、就活中のため強いストレスを受けています。

旅に関してはよくわからない。企業の説明会によく行くので、普段行きなれない場所に行くことは多いです。

結構当てはまっているかもしれませんね。

皆さんの中でデジャヴをよく見る人は少し休んだ方がいいかもしれませんよ。

引用

既視感 - Wikipedia

デジャブの原因は何?異世界との関係と起こりやすい人の特徴