ビジネス 未来予想 中国 about プライバシーポリシー

有名ブロガーに気に入られないといけないみたいな風潮www

有名ブロガーに気に入られなきゃ上に行けない?

それも一つのやり方としてはありだなと思う。

効率的だし、賢い。素直に羨ましい。

メンター(師匠)を見つけられたならもう勝ち確定みたいなものだと思う。

でも、一般人じゃそんなこと起きないからね。主人公補正が無いといけない。

私はモブキャラだから。

書けども書けどもアクセスは集まらなくて、嫌になることもある。

そんな時に有名ブロガーと仲が良くてノウハウも授かって、紹介もしてもらって、爆発的に人気になる新人ブロガーを見ると今までの歩んできた道が全て否定されるような気がするんだ。

そして、道に迷ってしまう。

でも、しょうがないかなって思ってる。だって人生運ゲーだし。

ある種の開き直りかな。だってそうでしょ。

どうしようもないことはどうしようもない。だから、今自分の好きなように、できることをやる。

本当に要領の悪いやつだと自分でも思う。

なんのあてもなしにブログ初めて、上を目指すとか言ってるんだからさ。

無謀といえば無謀だけど、すごいクールじゃない?

無理とわかっていて挑めるのはバカだと思うけど、やっぱりバカってカッコいいなって思う。

断言する。カッコいいよ。

いつもバカの背中だけ見てニヒリズムに浸っていたけど、本当にダサい。

超ダサいから、辞めることにした。

私はバカになりたかったんだ。

私は一人で登ってみようと思う。そう簡単にうまくはいかないと思うけど、人生かけてやってみたら、もしかしたら道が開けるかもしれない。

壁を目の前にどうするか

なんでだろうね。天をも貫く高い壁なのになぜか越えられるような気がするんだ。

その壁を目の前にしても絶望感はなくて、越えた先に何があるのか、どんな景色が広がっているのかがすごく気になるんだ。

ワクワクしてる。壁の向こう側が地獄絵図かもしれないけれど、素晴らしい景色だと私は信じてる。

 信じていないとバカにはなれないんだなってわかった。

バカな人たちには見えていたんだ。私には壁しか見えなかったよ。

劣ってるよね本当にw

壁から落ちたら死ぬかもしれない

当たり前だけど、壁を登っていても上手く上がっていけるわけじゃない。

強風が吹いたり、鳥に襲われるかもしれない。高いところまで登っていれば登っているほど落ちた時のダメージがデカイんだ。

怖いよね。

だから、壁には登らなかったんだ。怖くて足がすくんで動けなかった。

誰かに引っ張ってもらえるなら甘えよう

私にメンター(師匠)がいないけど、それが普通で孤独に壁を登るのが普通なんだ。

メンターを見つけたなら、すごく幸運なことで引っ張ってもらえるなら遠慮することなく甘えたほうがいい。

 運を味方につけたものが勝つんだ。

私にとっては運が味方につかなくても、登ることに意味がある。

登りたいんだ。一度も登ったことがなかったからさ。

まだまだ先は長いけど、降りようにも降りられなくなってしまったよ。あと少なくとも2年間は続けなきゃいけないんだ。

契約したからね。

ホント最悪だよ苦しいし。でも後悔はしていないよ。

2年後にどうなっているかわからないけれど、後悔はしないんじゃ無いかな。

自分で選んだ道だし、愛着も出てきたよ。

果報は寝て待て。

寝てたら先に進めないから、果報を待ちながら少しずつ進もうと思う。

どこかで、報われる日は来るのかな。