ビジネス 未来予想 中国 about プライバシーポリシー

【必見】コミュニーケーションが最高の娯楽

コミュニケーションが最高の娯楽

人間、娯楽がなければ生きて行けません。

なぜならば、人間は頭が良すぎるからです。そもそも生きる意味も目的なんていうのも存在しないことに気がついてしまうんですよね。それに気がつくと、生きる意味が見出せなくなります。それを誤魔化すためには娯楽が必要となるのです。

今ではインターネットがあり、娯楽が溢れかえっています。

なぜインターネットの登場で娯楽が爆発的に増えたのか、それはインターネットが最強のコミュニーケーションツールだからです。

インターネット自体が娯楽なのではなく、コミュニーケーションが人間にとって最高の娯楽なのです。

 

昔の人も今と変わりません。コミュニケーションが大好きなんです。

どのような目的で人間は言語を獲得したのか

我々が言語を獲得するにあたって、何がその元にあったのかと言うと、毛繕いらしいのです。しかし、毛繕いは何時間もかかってしまう大変労力のいる作業なので、簡単に愛情を伝えることができるお喋りというものが代替となったそうです。

つまり、狩や生存に有利だから獲得したのではなく、愛情を伝えるために獲得した能力ということです。ロマンチックですね。

 

だから、そのコミュニーケーションを高速かつ正確に行うことができるインターネットは数多くの娯楽を生み出したのです。

このブログもそうですね。

誰かにこれを伝えたい!が簡単に行えるわけです。

なにわけのわからんこと言っているんだこいつはと思う人もいるかと思いますが、これと同じことをSCEの社長だった久夛良木健さんが言っていたんですね。

【神予言】ソニー久多良木健氏、12年前からもしもしゲーの脅威を予見していた!! : オレ的ゲーム速報@刃

彼は本当にすごい人で、未来が相当見えていたと思います。

私はビジネスマンにとって最も先見の明があることが最も重要だと考えています。(堀江貴文さんなんかも本当に凄い)

ps3はビジネス的には失敗だったそうですが、cellコンピューティング構想なんかは本当に凄い。

今の暗号通貨の元祖といってもいいかもしれない。(ps4でcellは採用されなかったので事実上この計画は破綻しましたが)

ただ、久夛良木さんは先が見えすぎて急ぎすぎた感があります。(堀江貴文さんも同じかな)

世間が天才に追いつくには時間がかかりますからね。

久夛良木さんはゲーム機の最大のライバルが携帯電話であることを予想していましたし、現に今は多くの人がスマホでゲームをしています。

次世代のコンピューター

これから、生まれるコンピューターはよりコミュニケーションの幅が広がる。

初めてできたパソコンは計算機として1つだけボンっ!あると言った感じでした。これをタイプⅠコンピューターと言いましょう。

その次に生まれたタイプⅡコンピューターが我々が使っているパーソナルコンピューター、スマホです。

では、次にどんなパソコンが出て来るのかと言うとおそらく、触るリアルに体感することができるものになるでしょう。タイプⅢコンピューターとしておきましょう。

このタイプⅢコンピューターの鱗片はもうすでに現れている。VRやAR、Googleグラスなどです。

バーチャルyoutuber の登場は必然だったのかもしれません。

バーチャルyoutuberの歴史 - 名無し文学部@ネット社会と人間を見つめるブログ

この手(肉球)に触れて見てください。

f:id:createday:20180112001504j:image

どうですか?

何も感じませんよね。

人間は身体的自己と言語的自己から成り立っています。

今のタイプⅡコンピューターでは言語的自己が肥大化してしまっている。

それでは、人間は形を保てない。それは良い面でもあれば、悪い面でもある。

だから、真にコミュニケーションを取るためには身体が必要なのです。

私は体に怪我をしているから、苦しいと言う感情が生まれる。

ウザいこと言われたら、顔が真っ赤になる。

2つは関係しあっている。切っても切れない関係なのです。より人間はコミュニケーションを求める。そのためには身体が必要なのです。