ビジネス 未来予想 中国 about プライバシーポリシー

ウィルスは何故存在するのか

ウィルスは何者なのか?

f:id:createday:20180101154557j:image

 ウィルスという存在。定義的には生物ではないのですが、生物を利用して自己増殖が可能です。

ウィルスはなんなのか、なんの役に立っているのかということですが、私はおそらく進化を促進させる役割を持っていると考えています。(ウィルス進化説はニセ科学であるとの評価を受けていますがw)

例えば、遺伝子組み換えにはウィルスが利用されています。これをベクターというのですが。

べクターは風邪の症状を引き起こすアデノウィルスというウィルスを改造したもので遺伝子を送り込む際に使用されます。

送り込んだ遺伝子は細胞によって複製されて増えていくと言うわけですね。

(ちなみに、遺伝子組み換えの成功率は50%ほどらしい。)

地球上の全生物の核は同じ遺伝子の性質を持っています。

つまり、全生物の核は遺伝子組み換えが可能なわけです。

持論 

なぜ全生物の核は同じ遺伝子なのか?

というよりもなぜ核の中に他の遺伝子が存在しないのかということが疑問であります。

ちなみに、ミトコンドリア葉緑体はそれぞれの生物で異なった遺伝子を持っています。

おそらく、大昔には異なる遺伝子を持った核が存在していたでしょう。

あくまで推測ですが。

競争にかてず、淘汰されていったのではないでしょうか。

なぜ勝てなかったか?

おそらくそこにウィルスが関わっていたと思うのです。

ウィルスは遺伝子に取り付き自己増殖します。

この際にウィルスの保有する遺伝子が生物の遺伝子に加わります。

この遺伝子は細胞分裂とともコピーされ増殖して行きます。

ウィルスはどんな細胞にも入り込むと言うわけでは無く、選り好みします。(この点が引っかかる)

なんらかの影響で遺伝子が変化するのですが、偶発的に変化が起こるよりも、ウィルスを媒体として変化をする方が効率的だと言えます。

遺伝子の変化は大抵は悪い方に働くのですが、稀に環境に適応した能力を獲得することがあります。

この変化の起こる量自体が増えることで、全体的な遺伝子の変化量が増えますから、多様性が増しより早く変化することができたと考えられます。

ウィルス進化説の例として、病原性大腸菌O157は、ほぼ100%ファージに感染されており、O157が死ぬ時にベロ毒素を出すのもこのためです。これも、一種の進化とする見方もありますし、ウィルスによる進化も考えられるのではと思います。(ファージとは特徴的な形をしたウィルスの名前です)

ウィルスというのはそれ単体では自己増殖できず、他の生物を利用してのみ増殖することができます。

生物の定義によって扱いが変わりますが、大抵は生物とはみなされていない。

かなり機械的で仕組まれたシステムのようにも感じます。

ウィルスが意味もなく存在するとは思えないと言うか思いたくないんですよね。

 私はウィルスも進化になんらかに関わっていると思っています。

なので、ウィルス進化説を絶対にないとは否定できないですし、起こりうる可能性は高いと思っているのですが…。

私は別に生物が専門と言うわけではないので、あくまで、妄想ですし、オカルトに近いですねw

 

それにしても、ウィルスって謎ですし、進化ってのも不思議なもんですね。