ビジネス 未来予想 中国 about プライバシーポリシー

大人になると創作できない

大人になると創作できない

 創作するときには己の中の厨二心を開放しなければならないのですが、如何せん辛くなってきました。

厨二の頃に考えていたことを形にしようと思いサイト作ったり、絵をかいたり文章を作ろうと思っているのですが、常識が邪魔をしてしまう。

いやこれ合理性ないよなとか、イタイ、イタイなこれみたいな感じでとにかく進まない。

思い立ったらすぐ行動したほうがいいですね。

冷静になると何だこりゃみたいなことになります。

f:id:createday:20171130000936j:image

こち亀.com|集英社 こちら葛飾区亀有公園前派出所公式サイト

お絵かきや物語を書くのは正直楽しくはないです。

めんどくさいし。(ならやんなよってことなんですがw)

カッコよくて面白いCSSのサンプルを眺めるのが1番楽しい。

ただ、これらの要素を組み合わせたら面白いことできるんじゃないか?みたいな妄想がとても楽しくて、実際にやってみると上手くいかなかったり、予想外に上手く行ったりすることがあります。

これがクソ楽しい。

ゲームみたいなものかも知れません。

パチっと噛み合った時にドーパミンがドバドバ出ている感じがします。

 消費するだけの虚無感

別に楽しむならゲームしたり、漫画読んだりアニメ見たりでも良いんですけど。

ゲームで言えばサポートが終了したり、過疎ったり。アニメやマンガ小説とかは終盤にがっかり展開になったりするとあの時間はなんだったんだ…みたいな虚無感に襲われるのがすごく嫌なんです。

最後になにも残らない。(本当に良いもの見たら別ですが)

 

 

サイトやブログって

それらと違って上手くいけば資産になるって良いなって思ったんです。

 

どうせ上手くいかないけど…

 

無駄にはならないかなぁと。

思い返して楽しかったと思えればそれで良し 

10年後ぐらいに恥ずかしくて死にたくなってるでしょうけど、あの頃は夢を持っていたんだなってわかればそれで良いのです。

社会人になれば仕事に忙殺される日々を送るんですから。こんなアホみたいなことできません。

 

年取るにつれて時間の流れが爆速になってきました。

なにもできずに死ぬよりなんかやって死ぬ方がマシかもしれません。