ビジネス 未来予想 中国 about プライバシーポリシー

コードについて.その1

 コードとは

コードという言葉。

コード、みなさんの中にはこの言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

電気系に詳しい人なら電線コード?を思い浮かべるかも知れない。音楽に詳しい人であれば進行コードを浮かべるでしょう。

英語で書くと電線のコードはcord、音楽の方はchordですね。

 

ここでの書いていきたいコードとはcodeのことです。

codeは

記号
symbol, sign, mark, code, token, emblem
暗号
code, password
規約
agreement, rule, code
暗証
cypher, password, code, cipher
符丁
code, symbol, password, mark, sign
会則
constitution, society regulations, code

ざっとこんな意味があります。

法律やIT、生物の遺伝子なんかでもこの単語が使われています。

このcordはとても面白くて、知れば社会のことがわかります。

世界の理を知るためには神が創り出したルールを発見し理解しなければなりません。

世界の天才がこぞって頑張っていますね。

学問で言えば物理学がこの分野を包括すると思います。

しかし、codeを知ることでは物理的な世界を知ることはできません。

じゃあ何がわかるのか。それは社会です。

code意味を見てもらうとわかるのですがルールのことです。

作ったのは人間なんですね。

だから、変えることもできます。

神様が創ったルールは変えられませんから、この点がcodeが物理法則と違う点です。

codeは社会版の物理法則だと思って貰えばわかりやすいですね。

だから、codeが分かれば社会がわかります。

社会を形作っているのは人間ですから、人間を知るということと同じかもしれません。

では、codeの特徴から人間を理解していきたいと思います。

 

その1.なぜ、codeは変わるのか?

 

物理法則とは違いcodeは変わります。

このことから、何がわかるのか。

ところで、民法改正が可決されまもなく施行されますね。

なぜ変わるんですか?

それはそのcodeが上手く機能しなくなったからです。

法律の例で見て見ましょう。

なぜ上手く機能しなくなるのか?

それは人間が変わってしまうからですね。

人間の価値観は絶対的なものではなく相対的なものだからです。

codeが変わるという事は人間の価値観、社会システムが変わったとも言えるのです。

 

ITでもcodeはよく使われます。

こちらでは自然言語の代わりにプログラミング言語が使われますね。

これはシステムを形作るもので法律と似たようなものです。

しかし、これも同じで変えなければならないことが出てきます。

バグがあると変えないといけないですよね。

あと、使い勝手が悪ければ変えなければならないこともある。

なぜバグが発生するのか、それも環境が変わってしまったからです。

人間がより使いやすく改良した際にどうしても整合性が取れないこともあります。

その環境で上手く動作しなくなれば、codeを変えなければならない。

また、サイトのデザイン、UIなんかはよく変わります。利用するのも作るのも人間ですからそれぞれ価値観がありますし、絶対的なUIは存在しません。だから、よく変わります。

意味コード、表象化コード。

このcodeを読み取る事で、社会、人間がわかります。 

今、かなり興味を持っているこのcodeについてちょくちょく更新していこうと思っています。